ソフトウェア
資金調達(用語)
ブラウザー機能拡張(用語)

ウェブを閲覧しながら外国語を学べるToucanが約4.9億円を追加調達

次の記事

3DプリントマーケットプレイスのShapewaysがSPACで上場へ

ウェブを閲覧しながら新しい言語を学ぶことができるスタートアップのToucan(トゥーキャン)が、シード資金調達で450万ドル(約4億9000万円)を追加したと発表した。

2020年秋にお伝えしたように、カリフォルニア州サンタモニカを拠点とするこのスタートアップは、ユーザーが読んでいるウェブサイトのテキストをスキャンして、選ばれた単語を学習対象の言語に翻訳するChrome拡張機能を開発した。つまり、わざわざ勉強する時間を作ったり、日常的な行動パターンを変えることなく、外国語の語彙を増やすことができるのだ。

関連記事:ウェブをブラウズしながら外国語を学習できるToucanが3億円を調達

Toucanは現在、スペイン語、韓国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、日本語の7言語に対応している。同社共同設立者でCEOを務めるTaylor Nieman(テイラー・ニーマン)氏によると、同社の月間アクティブユーザー数は約6万人で、すべて有機的に獲得したものだという。

「Toucanは表面的にはおもちゃのように見えますが、その裏には大規模なエンジニアリング技術が存在します」と、ニーマン氏は付け加えた。

例えば、このスタートアップには人間の翻訳者チームがいるが、機械学習と自然言語処理を利用して、各単語の文脈を理解し、適切な翻訳になるように努めている。ニーマン氏によると、時間の経過とともに、表示される翻訳にインテリジェントでパーソナライズされたアプローチを適用することで、翻訳をより複雑にすることができ、ユーザーの意欲を維持するという。

画像クレジット:Toucan

Toucanは無料で利用できるが、ユーザーは月額4.99ドル(約544円)を支払って、より密度の高い翻訳が提供されるToucan Premiumに加入することもできる。Toucan Premiumの加入者は、広告の表示 / 非表示を選択することも可能だ。どうやら「Own The Word広告」(その単語が翻訳されるたびにスポンサーのメッセージが表示される機能)は人気があるため、有料ユーザーの中にはこの機能を失いたくない人もいるらしい。

Toucanは今回の追加によって総額750万ドル(約8億2000万円)を調達した。この投資ラウンドは、LightShed Ventures(ライトシェド・ベンチャーズ)が主導し、新規投資家となったNext Play Ventures(ネクスト・プレイ・ベンチャーズ)、Concrete Rose Capital(コンクリート・ローズ・キャピタル)、GingerBread Capital(ジンジャーブレッド・キャピタル)、Form Capital(フォーム・キャピタル)、Goodwater Capital(グッドウォーター・キャピタル)、Hampton VC(ハンプトンVC)、Spacecadet Ventures(スペースカデット・ベンチャーズ)、GTMfund(GTMファンド)、Baron Davis Enterprises(バロン・デイビス・エンタープライゼス)、Human Ventures(ヒューマン・ベンチャーズ)が、既存の投資家であるGSV Ventures(GSVベンチャーズ)、AmplifyHer Ventures(アンプリファイハー・ベンチャーズ)、Vitalize(ヴァイタライズ)とともに参加した。

LightShed VenturesのゼネラルパートナーであるRichard Greenfield(リチャード・グリーンフィールド)氏は、声明の中で次のように述べている。「若い世代は常にネットに接続した状態で生活しているため、画面を見ている時間は世界的に増加しています。Toucanは、シンプルなブラウザの拡張機能を介して、すでに利用しているウェブサイト(まもなくアプリも)に言語学習をシームレスに統合し、画面を見ている時間を学習する時間に変えることができます」。

ニーマン氏によると、Toucanは今回の資金調達により、チームを12人から16人に拡大する予定だという。また、英語からスペイン語への翻訳だけでなく、スペイン語から英語への翻訳など、さらなる国際化も計画している。新たにSafari(サファリ)の拡張機能もリリースされる(将来的には、より多くのブラウザをサポートする予定だ)。最終的なビジョンは、Toucanが「どこにいてもレイヤー化されている」ことである。

「私たちは、ウェブ、モバイルブラウジング、人気のソーシャルアプリ、さらには物理的な世界においても、学習の拡張レイヤーになりたいと思っています」と、ニーマン氏はいう。将来は「街中で目にする地下鉄の標識を翻訳し、あらゆるところで学習のマイクロモーメントを提供する超クールなコンタクトレンズを、人々が装着しているかもしれません」と、彼女は予測する。

カテゴリー:ネットサービス
タグ:Toucan語学学習資金調達翻訳機械学習自然言語処理

画像クレジット:Toucan

原文へ

(文:Anthony Ha、翻訳:Hirokazu Kusakabe)