2022年、CESがラスベガスに戻ってくる

次の記事

起業志望・起業初期対象の支援プログラム「Code Republic」が第8期デモデイ開催、第10期も募集中

正直言って、ここ1年はラスベガスに戻らなければならないことについて休暇中に極度の不安を感じなかったのは、少し奇妙だった。しかし、状況は変わった。世界の多くの地域でワクチン接種が始まっており、CESが再び開催される準備が整っている。

巨大な消費者向け家電ショーの運営委員会であるCTAは米国時間4月28日朝、イベントが2022年1月5日から8日までCity of Second Chancesで開催されると発表した(メディアデーは正月明けの3日から始まる)。プレスリリースによると、およそ1000社の企業がこのイベントへの参加を表明している。

これまでのところ、Amazon(アマゾン)、AMD、AT&T、Daimler AG、Dell(デル)、Google(グーグル)、Hyundai(ヒュンダイ)、IBM、Intel(インテル)、Lenovo(レノボ)、LG Electronics、パナソニック、Qualcomm(クアルコム)、Samsung Electronics(サムスン・エレクトロニクス)、Sony(ソニー)が含まれている。しかし、この1年を振り返ると、すべてが常に変更される可能性があることに注意する必要がある。

CTAのエグゼクティブヴァイスプレジデントであるKaren Chupka(カレン・チュプカ)氏は、「私達の顧客は、ラスベガスで開催されるイベントに再び参加することに熱狂しています」と述べた。「グローバルブランドやスタートアップによる計画は順調に進んでおり、世界中のより多くの人々と対面式のCESの魅力を共有することを約束しています」。

もちろん、飛行機がラスベガス空港に着陸するまでは(マスクをしているかもしれないし、していないかもしれないが)、いろいろなことが宙に浮いたように感じられるだろう。またCTAは、デジタル要素は今後も存在し続けるだろうと強調した。これは、今後もこれらのショーの重要な側面であり続けるだろう。パンデミックによってトレードショー(特にハードウェアのトレードショー)が完全になくなる可能性は低いと思われていたが、同じことが繰り返されないのは人生と同じである。

2020年、ウイルスが米国内で実際に被害を与え始める約2カ月前に、CTAは新型コロナウイルス(COVID-19)の被害をギリギリのところで免れた。CESの最初の(そして当面は唯一の)オールバーチャルイベントは、複雑な結果となった。このようなショーの規模と範囲を考えると当然かもしれないが、実際には多くの不満が残った。しかしインフラが整備された現在、このイベントを完全に放棄するのは愚かなことだ。特に、この1年でこうしたイベントへの参加に多くの人が疑問を抱いている。

2021年のショーについては、ヨーロッパのMWCやIFAをはじめとする多くのショーが、安全対策を強化した上で開催される予定だ。しかし、これらのショーの規模や範囲は流動的であり、多くの企業がバーチャルでのショーにのみの参加する意向を表明している。

関連記事:【コラム】2021年、テック見本市は復活するのか?

カテゴリー:イベント情報
タグ:CESラスベガス

画像クレジット:ROBYN BECK/AFP / Getty Images

原文へ

(文:Brian Heater、翻訳:塚本直樹 / Twitter