ブロックチェーン
NFT / 非代替性トークン / クリプトアート(用語)
ブロックチェーン(用語)

ブロックチェーンを利用して従来の美術品の所有権管理も行うLobusが6.5億円調達

次の記事

マイクロソフトの新しいデフォルトフォント候補を評価してみる

ブロックチェーンの実際のユースケースの中でも、美術市場における所有権証明の再編は最も明白なものの1つだ。最近の数カ月は、高名なオークションハウスがNFTを採用し、人気アーティストたちがこの暗号メディアの実験を行う行うようになったため、その未来はかつてなく現実味を帯びてきたようだ。

クリスティーズとサザビーズの出身者たちが作ったスタートアップLobusは、SuperRareのようなNFTマーケットプレイスのクリエイターフレンドリーな仕組みをアートの世界に導入した資産管理プラットフォームだ。同社はブロックチェーンの技術をコモディティ化しようとしている。それにより、美術品のオーナーが彼らが売る作品の部分的な所有権を持ち、今後の取引からも利益を得られる仕組みを実現するつもりだ。実物アートの売り手は、自分の作品を100%売ることと、その価値が今後の取引で増えていくことを、今では当たり前と思うようになっている。しかしLobusの目標は、それらの売買の全過程においてアーティストも所有権の一部を保持し、毎回手数料を得られるようにすることだ。これは、ブロックチェーンを用いる所有権方式によって可能になるラディカルなアイデアであり、悪夢でもある。

LobusのCEOであるSarah Wendell Sherrill(サラ・ウェンデル・シェリル)氏はTechCrunchの取材に対して「私たちは、アーティストをオーナーにすることを使命としています。NFTが所有権について発表している内容を最大限に活用し、さまざまな所有権構造を構築して、この資産クラスを活性化させるにはどうしたらよいかを問いかけています」と語っている。

彼らのスタートアップはこれらの新しい仕組みをカプセルに収めた対象範囲の広い資産管理プラットフォームにより、今日使われている古いレガシーソフトウェアのユーザーを誘い出すことを狙っている。Lobusは、堅固な所有権証明にCRMとアナリティクスのプラットフォームと動的プライシングのようなツールを組み合わせて、美術市場にエクイティ管理のCartaのような独自のソフトウェアプラットフォームを導入して、もっと広い市場にアプローチできるようにしたいのだ。

Lobusによると同社は、Upside Capitalと8VC、Franklin Templeton、Dream Machine、Weekend Fund、およびBoostVCらから600万ドル(約6億5000万円)を調達している。そのラウンドにはRob Hayes(ロブ・ヘイズ)氏、Troy Carter(トロイ・カーター)氏、Suzy Ryoo(スージー・リュウ)氏、Rebecca Henderson(レベッカ・ヘンダーソン)氏、Cal Henderson(カル・ヘンダーソン)氏、Henry Ward(ヘンリー・ワード)氏、そしてLex Sokolin(レックス・ソコリン)氏といったエンジェルも参加している。

チームの大きな目標は、ブロックチェーンの理解をもっと容易にして、それが美術品のオーナーのネットワークにもたらすものに、目を向けさせることだ。過去数カ月のNFTブームで巨額の売り上げがが計上されたが、Lobusのような努力が挑戦しているのは、暗号化アートのさまざまな仕組みとグローバルな美術市場をかけ合わせることで、すべての関係者が同じ土俵に立つことを目指している。すでにおよそ300の熱心なアーチストのパートナーがいるLobusは、そのプラットフォームを蒐集家やアーティスト共同体、資産マネージャーなどにも売り込んでいる。

現在、Lobusのデータベースにはおよそ4万5000点の美術作品があり、その従来のアナログとデジタル作品の全体の価値は約54億ドル(約5864億5000万円)に達している。

関連記事:イーサリアムの「最古のNFTプロジェクト」CryptoPunksをめぐる驚くべき熱狂

カテゴリー:ブロックチェーン
タグ:Lobus資金調達NFTアート

原文へ

(文:Lucas Matney、翻訳:Hiroshi Iwatani)