オープンソース版の登場に対してWhat3Wordsがセキュリティ研究者に法的警告を送付

次の記事

ByteDanceのCFOがTikTokの新CEOに就任、両職を兼務

デジタル・アドレス・システムのWhat3Wordsを開発するる英国企業がセキュリティの研究者に法的警告を送り、オープンソースのソフトウェアの共有を他の研究者たちに持ちかけたことは著作権を侵犯していると主張している。

XMissionのシステムズアドミニストレータであるAaron Toponce(アーロン・トポンス)氏は、現地時間4月29日、What3Wordsを代表する法律事務所から、オープンソースの代替システムWhatFreeWordsに関連するツイートの削除を求める書簡を受け取った。その書簡は、彼がそのソフトウェアのコピーを共有した者の身元を同法律事務所に開示し、今後そのソフトウェアを開発しないことと、彼が現在保有しているコピーを削除するよう求めている。

書簡は、要求遵守の日限を5月7日とし、それを過ぎれば「貴殿に対する関連の主張を追求するいかなる資格をも放棄する」、つまりこれ以上あれこれ主張するのをやめて告訴に踏み切る、と述べている。

当のトポンス氏は「これは戦う価値のない戦闘だ」とツイートし、TechCrunchは、今後の法的影響が恐ろしいため要求には従った、と語った。削除せよというツイートのリンクをその法律事務所に尋ねたが、回答はなかったという。「ツイートによっては、従わないこともありうる。その内容次第だ」と彼は述べた。

Aaron Toponceに送られてきた法的警告(本人提供)

英国の企業であるWhat3Wordsは、世界全体を一辺が3メートルの正方形に分割して、そのそれぞれに他と重複しない3語のラベルをつける。そのメリットは、緊急時などに現場の正確な地理的座標をいちいち調べて電話するよりは、3つの言葉を共有する方が簡単だからだ。

しかしセキュリティ研究家のAndrew Tierney(アンドリュー・ティアニー)氏が最近発見したところによると、What3Wordsは1マイルも離れていない2つの正方形に似た名前をつけることがあるため、人の所在などで混乱を招くことがあるという。その後の記事でティアニー氏は、安全性が極めて重視される状況でWhat3Wordsを使うのは適切でないと述べている。

欠点はそれだけではない。批評家たちはかなり前から「救命」を謳っているWhat3Wordsのプロプライエタリなジオコーディング技術は、問題の性質やセキュリティの脆弱性を調べづらくする、と批判してきた。

What3Wordsがオープンでないことへの懸念も、WhatFreeWordsの開発に導いた動機の1つだ。そのプロジェクトの現在のウェブサイトにはコードがないが、オープンソースバージョンはWhat3Wordsをリバースエンジニアリングして開発したという。「仕組みがわかったため、私たちはその実装をJavaScriptとGoで書いた。What3Wordsの著作権を冒さないために、彼らのコードは一切使っていない。相互運用性のために必要な最小限のデータを含めただけだ」とそのウェブサイトでは述べられている。

しかしそのプロジェクトのウェブサイトは、いずれにしてもWhat3Wordsの弁護士たちが提出した著作権取り下げ要求の対象になってしまった。コードのコピーのキャッシュやバックアップの所在を示すツイートも、弁護士たちの要求でTwitterにより削除された。

トポンス氏はセキュリティの研究者としてティアニーの研究に協力し、ティアニー氏は彼の所見をツイートした。トポンス氏によると、彼はWhatFreeWordsのコードのコピーを他の研究者たちと共有し、What3Wordsに対するティアニー氏の当時進行中の研究を助けた。トポンス氏はTechCrunchに、コードの共有を持ちかけたことと、What3Wordsの問題点を見つけたことが合わさって法的警告という結果になったのかもしれない、と述べている。

What3Wordsは、トポンス氏宛の書簡で、WhatFreeWordsには同社の知財が含まれており、同社はそのソフトウェアの「流布を許容できない」という。

しかし、そのコードのコピーはすでにいくつかのウェブサイトにあり、Googleで検索できる。そしてTechCrunchが見たところによると、トポンス氏が法的警告を公表してから、WhatFreeWordsのコードのリンクのツイートがいくつか登場している。ティアニー氏は自分の研究にWhatFreeWordsを利用していないが、ツイートでは、What3Wordsの反応は「今やオンラインで誰にでも簡単に見つかるものに対して法的権利を主張するなんて、常軌を逸している」と述べている。

TechCrunchは、What3Wordsに、裁判所がWhatFreeWordsの著作権侵犯を認めたら本当に訴訟をするのか、尋ねてみた。What3Wordsの広報担当者Miriam Frank(ミリアム・フランク)氏は、コメントの複数回の要求に、応じなかった。

カテゴリー:セキュリティ
タグ:What3Wordsジオコーディング裁判著作権

画像クレジット:TechCrunch(スクリーンショット)

原文へ

(文:Zack Whittaker、翻訳:Hiroshi Iwatani)