Peanut(企業・サービス)

女性向けソーシャルネットワーキングアプリPeanutがライブ音声ルームを追加

次の記事

中国のインディーゲームを世界へ発信、明の鄭和にちなんだ「Westward」が33億円のデビューファンド調達を計画

女性向けモバイルソーシャルネットワーキングアプリを提供するPeanutはこのほど、自社の製品に音声を統合し、Clubhouseの成功に続く最新テック企業へと変貌を遂げつつある。母親に焦点を当ててスタートしたPeanutは、妊娠、結婚、更年期を含むすべてのライフステージを通じて女性をサポートしており、ここ数年で大きく成長した。「Pods」と名づけられたボイスチャット機能を通じて、同社のアプリを利用する女性たちが、他のプラットフォームよりもサポート性が高く安全な環境で、より良質なつながりを築くことができると考えている。

もちろん、新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、音声ベースのソーシャルネットワーキングへの関心が高まったこともあるだろう。家にこもっていた人々が、かつては対面でのネットワーキングやソーシャルイベントが果たしていたギャップの解消にそれが役立つことを見出したからだ。しかし、音声チャットソーシャルネットワーキングをリードするClubhouseは、同社のモデルがFacebookTwitterRedditLinkedInDiscordなどの企業が採用する機能に変わってしまうのを見てきた。

関連記事
フェイスブックが音声関連の新機能を発表、Clubhouse類似機能やポッドキャスト支援ツールなど
Twitterの音声ソーシャルネットワーク機能「Spaces」がClubhouseより先にAndroidで利用可能に
RedditがClubhouseによく似たReddit Talkを発表
LinkedInもClubhouse類似機能を開発中
DiscordがClubhouseのような音声イベント用チャンネルの提供を開始

これまでに生まれてきた数々のClubhouseのクローンと同様、PeanutのPodsもその基本的な機能を備えており、ミュートされたオーディエンスが話すために事実上「手を挙げる」機能や、絵文字リアクション、会話をモデレートして人々を会話に誘うホストなどの機能もある。同社は今のところ、会話が同社の規約に違反しないことを保証するために、音声ポッドの社内モデレーションを行っている。将来的には、他のモデレーターも追加する予定だ。(同社はアプリのその他の部分を管理するために24を超えるモデレーターに報酬を支払っているが、数日前の時点では、そのチームはまだ音声に関するトレーニングを受けていなかった)。

設計にはClubhouseとの類似点もあるが、Peanutが他のサービスとの差別化を図ろうとしているのは、こうした会話が行われる場所についてであり、安全と信頼を念頭に置いて作られた女性のためのネットワークという要素を重視している。また、影響力を追い求めることが参加の理由ではないネットワークという性質もある。

Peanutの創設者兼CEOのMichelle Kennedy(ミシェル・ケネディ)氏によると、従来のソーシャルネットワークは多くの場合、 いいね!の数、フォロワー数、青いチェックマークの認証バッチの付与といったことに依存しているという。

「ステータスと人気度に基づいています」と同氏はいう。「私たちがPeanutで見てきたのは、女性が互いに心から支えあっているという『思いやりの経済』だけです。『私にはX人のフォロワーがいます』というようなものではありません。私たちにはそのような概念すらありません。『私には支援が必要です; この質問があります、私は孤立しています、あるいは友人を探しています』というようなものです」とケネディ氏は続けた。

Peanut Podsでは、女性が安心してソーシャルネットワーキングを利用できるようにするための安全基準を引き続き強化するとしている。この焦点は特に、他の音声ベースのネットワークプラットフォームでハラスメント受けてきた一部の女性、特に有色人種の女性たちを引きつける可能性がある。

「伝えたいのは、私たちはコミュニティであり、基準を有しているということです」とケネディ氏は強調する。「ユーザーが基準を確保し、その内容をすべての人に通知することで、基準は非常に明確なものになります。意見を述べることはできますが、できないことがここに記載されています【略】ユーザーとして期待されることがここに示されています。それを実行した場合には報奨が与えられ、実行しなかった場合には退去を求められます」。

言論の自由についてはPeanutが語ることではない、と同氏は付け加えた。

「当社には基準があり、ユーザーのみなさまにそれを遵守するようお願いしています」とケネディ氏は述べている。

Peanutは将来的に、この音声機能を利用して、新しい母親を支援する授乳コンサルタントや不妊治療医など、特定の専門知識を持つ人々と女性を結びつけることを目指している。ただしこれらは、スピーカーがドローンを飛ばして繰り返し聴衆を拘束するようなレクチャーとはならないだろう。実際、Peanutの設計ではClubhouseの「ステージ」のようなコンセプトは採用されておらず、発言の有無にかかわらずすべての人に平等な地位を与えるものとなっている。

アプリでは、ユーザーがフォローしているトピックに基づいて興味深いチャットを見つけることができる。そして重要なのは、ミュートすることで他のトピックが表示されないようにできることだ。

Pods機能は米国時間4月27日からPeanutアプリに展開され、200万人を超えるユーザーに提供される。Peanutの他のサービスと同様に無料で利用できるが、将来的には、一部の有料プロダクトと合わせてフリーミアムモデルをローンチする予定だ。

カテゴリー:ネットサービス
タグ:Peanut女性SNS音声ソーシャルネットワーク

画像クレジット:Peanut

原文へ

(文:Sarah Perez、翻訳:Dragonfly)