アバター作成スタートアップGeniesがNFT人気に乗じて約71億円調達

次の記事

ツイッターが音声会議「スペース」をフォロワー600人以上のユーザーに公開、チケット、リマインダーなども追加

これまで数年間、全員が同じ夢を追っている新進のアバター企業を私も人並みに取り上げてきた。その夢とは、ゲームやデジタル空間で広く採用される架空の登場人物(ペルソナ)になるための、カスタマイズ可能なプラットフォームを作ることだ。これまで私が取り上げたものの中で、生き残っているものは少ない。しかし、ロサンゼルスのGeniesは、有名ミュージシャンたちとのパートナーシップを成功させ、非常に広い範囲のアバタープラットフォームという大きなビジョンの実現に、初めて近づいている。

同社は米国時間5月3日、Mary Meeker(メアリー・ミーカー)氏のBondがリードする6500万ドル(約71億円)のシリーズBを完了したことを発表した。NEAやBreyer Capital、Tull Investment Group、NetEase、Dapper Labs、Coinbase Venturesなどが参加、メアリー・ミーカー氏はGeniesの取締役会に加わる。同社の最新の評価額は、公表されていない。

資金は、創業4年目を迎えた同社のちょうど転換期に投じられた。そのことを、NFTデジタルカード「NBA Top Shot」のメーカーであるDapper Labsや、暗号資産大手Coinbaseの参加が証明している。先に発表されたように、同社はDapper LabsのFlowブロックチェーン上のNFTプラットフォームを展開して同スタートアップと密接に提携している。それによりDapper Labsは、Genesisのアバターアクセサリーのオンラインストアの、バックエンドを構築することになる。Dapper Labsがプロスポーツのリーグと独占契約してNFTとそれらの公式サポートを提供しているように、Genesisもその名簿に載っているJustin Bieber(ジャスティン・ビーバー)氏、Shawn Mendes(ショーン・メンデス)氏、Cardi B(カーディ・B)氏などのセレブたちとのパートナーシップを活用して、アバターアクセサリーを大衆的に売買するためのプラットフォームを作っていきたい心算だ。

同社は2020年10月にGucciとのパートナーシップを発表し、自らの目の前に大きな新しい市場機会を切り開いた。

Geniesのビジネスの大半は、まず有名チームや有名タレントなどと提携して、それらが提供するエンターテインメントの顧客にアバターというデジタルの存在を与えることが主体だ。顧客はソーシャルメディアなどで、アバターによって自分を目立たせることができる。同社はモバイルアプリのベータで全ユーザーにアバターの創造を展開したため、Genesisは彼らよりも前のアバター企業が明確に持っていた夢の1つにフォーカスしてきたことになる。それは、同社のSDKで、アバターのユーザーの大きなネットワークと、同社の形式と互換性のある多くのプラットフォームのネットワークを作っていく、という夢だ。

画像クレジット:Genies

GeniesのCEOであるAkash Nigam(アカシ・ニガム)氏はTechCrunchの取材に対して、「アバターは本来の自分をもっと積極的に見せていくためのメディアです。それは別の自己の表現だから、現実世界の制約にとらわれる必要はありません」と語った。

NFTというトレンドがGenesisに新たな探究の分野を与えているが、同じくパンデミックというもっと大きなトレンドが、ユーザーを何もかもがデジタルという世界に追いやり、そこでお互いが交流し結びつくようになっている。「パンデミックはあらゆるものを加速した」とニガム氏はいう。

近い将来、NFTという大きなチャンスがあるとしても、Genesisはあくまでもアバター企業でありNFTのスタートアップではないことだ。ただし、暗号技術に支えられたデジタルグッズとその市場は今後長年存在するだろう、とニガム氏が念を押す。デジタルグッズをめぐる現在の環境がGenesisの資金調達を助けた、という説には、彼は納得していない。彼によるとそれは、投資家にとって倍率6〜8倍の投資機会であり、スタートアップへの日和見主義的な投資にすぎなかった。「私たちは何年も資金調達をせずにいた企業だから」と冷静な言い方をする。

同社によると暗号化製品のマーケットプレイスは、早ければ2021年の夏ごろにローンチするとのこと。

カテゴリー:ブロックチェーン
タグ:GeniesNFT資金調達アバター

画像クレジット:Genies

原文へ

(文:Lucas Matney、翻訳:Hiroshi Iwatani)