人工知能・AI
AI / 人工知能(用語)
日本ディープラーニング協会(用語)

AI理解のためのビジネスパーソン向け無料講座「AI For Everyone」、日本ディープラーニング協会が開講

次の記事

経営者を迅速にスキルアップさせるスコット・ギャロウェイ教授のオンラインスクール「Section4」が約32億円調達

日本ディープラーニング協会(JDLA)は5月6日、ビジネスパーソンに向けたAI理解のための無料オンライン講座「AI For Everyone(すべての人のためのAIリテラシー講座)」を同日より開講すると発表した。

AI For Everyoneは、AIとディープラーニングについてまず「知る」ことを目的としている。エンジニアでなくてもAIの基礎を学びたい、今の組織をAIを使いこなせるものへと変革したいなど、DX(デジタルトランスフォーメーション)が進むデジタル時代にあわせたものとなっている。

講座の内容は、DeepLearning.AIが提供し全世界で60万人以上の受講者を誇る人気コース「AI for Everyone」(オリジナルは英語)に、JDLAが制作し松尾豊氏が講師をつとめる日本向けコンテンツを加えた特別版となる。講座は約5時間のビデオ方式で実施され、コース内容は以下のとおり。

・ニューラルネットワーク、機械学習、ディープラーニング、データサイエンスなど、一般的なAIに関する専門用語とその意味
・実際にAIができること、できないこと
・組織の課題解決のためにAIを適用できる可能性とその方法
・機械学習およびデータサイエンスプロジェクトの進め方
・AIエンジニアチームと連携して社内でAI戦略を構築する方法
・AIを取り巻く倫理的および社会的議論の概要

講座は世界最大級のオンライン講座プラットフォーム「Coursera」(コーセラ)にて実施される。受講は無料だが、Coursera発行の受講修了証取得コース(ビデオ講座後に確認テストを実施)の場合には別途Courseraへの49ドル(約5400円)の支払いが必要となる。また、団体受講申込のフォーマットも現在準備中だ。

AIやディープラーニングにはなにかと難しいイメージがあるが、同講座は自身のキャリアアップや業務の効率化への第一歩として活用できそうだ。

(文:塚本直樹 / Twitter

関連記事
日本ディープラーニング協会がビジネス活用人材向けG検定で7250名受験・累計合格者数3万人突破と発表
日本ディープラーニング協会が高専生対象コンテスト開催、最優秀賞の東京高専チームが企業評価額5億円を獲得

カテゴリー:人工知能・AI
タグ:AI / 人工知能(用語)日本ディープラーニング協会日本(国・地域)