シェアリングエコノミー
再生可能エネルギー(用語)
みんな電力(企業)

「電気の顔の見える化」目指すみんな電力が11.5億円のシリーズC調達、総調達額約41.5億円に

次の記事

今週の記事ランキング(2021.5.2〜5.6)

みんな電力は5月7日、シリーズCラウンドにて総額11億5000万円を調達したと発表した。引受先には丸井グループ、SMBCベンチャーキャピタル、あおぞら銀行が参加し、現在までの総調達額は約41.5億円となった。

みんな電力は、電気生産者や空気の「顔の見える化」プラットフォームを提供する日本のスタートアップだ。これまでにもアーティストの発電所から再エネ電気を販売したり、ブロックチェーン電力取引とトレーサビリティで特許を取得するなど、興味深い活動を続けている。

今回の資金調達については、環境破壊を行うことなく地域創生に貢献できる電源や、卸電力市場の影響を受けない非FIT電源の調達などに投資するとしている。また、同社のブロックチェーン技術によるトレーサビリティシステム「ENECTION2020」の書き込み機能の高速化や低コスト化を進め、電力領域以外の「顔の見えるライフスタイル」の実現を目指すと述べている。

みんな電力代表取締役の大石英司氏は、今後も同社は脱炭素社会へのライフスタイル転換をリードしていくとの意気込みを語っている。食品と同じように、電力も消費者がその内訳を詳しく把握する時代の到来に期待したいものだ。

(文:塚本直樹 / Twitter

関連記事
日本初、アーティストの発電所から再エネ電気が買える「アーティスト電力」をみんな電力が始動
電気の生産者や空気の「顔の見える化」で社会をアップデートする「みんな電力」が15億円を調達
みんな電力がブロックチェーン電力取引とトレーサビリティで特許取得、現在はStellarを採用

カテゴリー:シェアリングエコノミー
タグ:再生可能エネルギー(用語)資金調達(用語)みんな電力(企業)日本(国・地域)