人工知能・AI
AI / 人工知能(用語)
Nishika

データ分析コンペのNishika、欧州委員会主催衛星データアイディアコンテスト「コペルニクス・マスターズ」日本大会を支援

次の記事

グーグルがChromebookを仕事向けに拡張するドックを発表

データ分析コンペティションプラットフォームのNishikaを運営するNishikaは5月6日、衛星データを活用したビジネスアイデアコンテスト「コペルニクス・マスターズ」の日本大会を支援すると発表した。コペルニクス・マスターズ地方大会パートナーのデジタルブラストとともに運営する。

データ分析コンペのNishika、衛星データアイディアコンテスト「コペルニクス・マスターズ」日本大会を支援

出典:宇宙利用の今後の方向性 – 内閣府

EC(欧州委員会)が主催するコペルニクス・マスターズでは、地球観測(EO)データを活用する革新的なビジネスアイディアを募る。これは宇宙からのビッグデータと革新的なソリューションや開発、発想を組み合わせて、日常生活にメリットをもたらす新しい製品やアプリケーションの可能性を模索するのが狙いだ。

the Challenges部門とthe Prizes部門があり、the Challenge部門では課題ごとにワールドクラスのパートナーが受賞者を選考し個別のRewardsを授与する。the Prizes部門では優勝者に50万円の賞金と事業マッチングや元JAXA職員による技術サポートなどが提供されるという。

また、the Challengesあるいはthe Prizesの受賞者は自動的に世界大会にエントリーされ、Overall Winner 2021(総合大賞)の選考に進むことになる。Overall Winner 2021では1万ユーロ(約130万円)が与えられる。

コペルニクス・マスターズの提出期間は2021年7月20日6時59分まで。同月〜10月まで評価が行われ、受賞者は10月〜11月に発表される。また、授賞式(総合大賞発表)は12月に行われる。

今後大きな広がりをみせるであろう宇宙ビジネスにおいて、先進的なアイディアが数多く登場することが期待される。

(文:塚本直樹 / Twitter

関連記事
10cmの高解像度衛星画像提供を目指すAlbedoが10.8億円調達
「宇宙ビッグデータ米」が2021年中に販売予定、宇宙領域の天地人・農業IoTの笑農和・米卸の神明が栽培着手
産業や気候変動モニタリングで重要な赤外線と熱放射を観測する衛星画像のSatellite Vuが5.4億円調達、2022年に衛星打ち上げへ
AIによるSAR衛星データ解析システムを開発するスペースシフトが5億円調達、開発体制を大幅強化
「地球をハックする」衛星データ解析コンテスト運営のSolafuneが資金調達を実施
衛星データ活用の宇宙スタートアップSynspectiveが災害時の浸水被害を評価するサブスク発表
超小型人工衛星による新たな宇宙利用を開拓、東大発宇宙スタートアップASTROFLASHが資金調達
データサイエンティストコミュニティ「Nishika」が8300万円を調達、特化型求人メディアも

カテゴリー:宇宙
タグ:AI / 人工知能(用語)人工衛星(用語)Nishika日本(国・地域)