チェス(用語)
Kasparovchess(製品・サービス)

チェス界のレジェンド、ガルリ・カスパロフ氏がコミュニティを重視したチェスプラットフォーム

次の記事

「NFTのShopify」を目指すBitskiがa16zから約21億円調達、クリエイターやブランドにカスタムストアを提供

今から4年前、著名人が講師を務めるクラスを有料で提供するプラットフォーム「MasterClass」は、チェス界のレジェンドGarry Kasparov(ガルリ・カスパロフ)氏を講師として招いた。カスパロフ氏はこれを引き受けたものの、すぐに、大多数のユーザーを満足させるメッセージを作成するプロセスに疲れてしまうことに気づいたという

クラスの成果は上々だったものの、カスパロフ氏は、コンセプトをさほど重要視せず決められた構成を守る必要があることを「少しばかり煩わしい」と感じた。そこで今、カスパロフ氏は数年前から構想を練っていたというプラットフォーム「Kasparovchess(カスパロフチェス)」を立ち上げようとしている。

Kasparovchessでは、チェス界のレジェンドたちが自由にさまざまなレベルのプレイヤーとヒントやコツを共有する。個人投資家とメディア・通信企業のVivendiが出資しているが、これまでに調達した資本金の総額は公表されていない。

VivendiのプロデュースによるKasparovchessには、ゲームの記録、ポッドキャスト、記事、チェスコミュニティの専門家や有名プレイヤーのインタビューなどが含まれる。カスパロフ氏によると、これまでに収録されたビデオは1000本以上。専用のDiscordサーバーが併設され、プレイゾーンも用意されている。

Kasparovchessはいろいろな点で、カスパロフ氏が数年前に参加したMasterClassのチェスクラスを切り取ったプラットフォームである。MasterClassはコミュニティとクラスの豊富さを重視し、25億ドル(約2700億円)規模の資金調達を行ったとされ、ドキュメンタリースタイルのエンターテインメントを収益化する「エデュテインメント(エンターテインメントの要素を取り込んだ教育)」分野のリーダー的存在となっている。このユニコーン企業の最大の特徴は、先のカスパロフ氏の発言にあるように、(多様なクラスで)幅広い層にアピールすることであり、ユーザーは自由にクラスを変えることができる。ユーザーが2021年1月の間にカスパロフ氏のチェスのクラスから、RuPaul(ルポール)氏の自己表現を幅広く解説したクラスに移ることも容易だ。ユーザーにとってMasterClassで受講できるクラスが多いほど、長期間ユーザーのサブスクリプションを維持できる。

画像クレジット:Kasparovchess

MasterClassが多種多様なクラスを差別化要因と考えていると思われるが、カスパロフ氏はそこが付け目と考えている。

Kasparovchessのサブスクリプションは、月額13.99ドル(約1500円)、年間119.99ドル(約13000円)の2種類。専門家によるレッスンや、ゲームを振り返った分析など、大部分は有料コンテンツだ。また、Kasparovchessでは、プレイヤーは手動で作成された5万問のパズルのデータベースにアクセスして、スキルを鍛えることができる。Kasparovchessは、4月末までに一般に公開される予定だ。

競争相手はすでに人気となっている「Chess.com」。2005年に開設されたチェスのサーバー、フォーラム、ネットワークサイトで、月額5ドル(約540円)または年間29ドル(約3200円)のプレミアムサブスクリプションがある。Chess.comと比較するとKasparovchessの利用料は高額だ。

カスパロフ氏は、最大の差別化要因は、コミュニティに焦点を当てることだという。Kasparovchessの長期的な目標は、世界のチェスコミュニティを互いに結びつけ、Kasparovchessでしか見つけることのできない天才を発掘し、他のユーザーがカスパロフ氏の経験を体験できるようにすることだ。Kasparovchessは、パンデミック下における遠隔教育では、煩わしい決まり事に囚われるのではなく、よりインタラクティブなソリューションが必要だと考えている。

「今だからこそ、何を教えるかではなく、ユーザーがそれをどのように応用できるかに切り替えなければなりません」とカスパロフ氏は話す。「チェスは何世紀にもわたって知性と創造性の接点と考えられてきました。チェスは間接的に私たちをサポートしてくれます」。

1985年に史上最年少でチェスの世界チャンピオンになったカスパロフ氏。2005年に現役を引退した後は、世界中の子どもたちにチェスに親しんでもらうための財団を設立した。最近では、チェスの天才を描いた番組「Queen’s Gambit(クイーンズギャンビット)」のアドバイザーを務め、脚本付き限定シリーズとしてはNetflixで最も視聴された番組となった。ショーは非常に人気があったので、チェス盤の売り上げはその後急上昇した。

「チェスをポジティブな要素として捉えることができたのは初めてだったので、とてもうれしかったです」「チェスには破壊の要素があり、子どもたちの精神を不安定にし、暗くするものだと考えられてきたからです」とカスパロフ氏はいう。

Queen’s Gambitによる新鮮なメッセージと遠隔教育の増加を受け、カスパロフ氏はついに長年構想していたプロジェクトを始動することになる。

「Kasparovchessは、ゲームを教える、ゲームをする、ゲームについて議論する、というだけの場ではありません」とカスパロフ氏。彼は、Kasparovchessに来る人々がチェスの文化やその存続、そして時代を超越したパワーに注目することを望んでいる。

関連記事:Netflix「クイーンズ・ギャンビット」が記録破りの大ヒット中

カテゴリー:ネットサービス
タグ:Kasparovchessチェス

画像クレジット:Gemini-Create

原文へ

(文:Natasha Mascarenhas、翻訳:Dragonfly)