ネットサービス
Twitter / ツイッター(企業)

ツイッターがお気に入りのツイートに投げ銭できる「Tip Jar」機能搭載、まずは英語で

次の記事

中国の電子タバコに目を向けた機関投資家からJUUL発明者が起業したMystが資金獲得

米国時間5月6日、Twitterは「Tip Jar(チップ入れ)」という新機能をテストしているという以前の報道を確認した。新たに加わったこの機能は、PayPalやVenmo、Patreon、Cash Appなどさまざまな決済プラットフォームを利用して気に入ったツイートに投げ銭することができる。

このニュースを確認するブログの記事でTwitterは「Tip JarでTwitter上で会話を作り出しているすばらしい声を簡単に支援できる。これは、Twitterの上で人びとが支援を受けたり示したりするための新しい方法を作ろうとしている私たちの努力の最初の一歩だ」と述べている。

画像クレジット :Twitter

iOSとAndroidの両方で使えるこの機能で、ユーザーは数回タップするだけでクリエイターにすばやくチップをわたすことができる。現在は初期段階でTip Jarでチップをもらえるのは、非営利団体やジャーナリスト、エキスパート、クリエイターだけだ。今後、対象層や使用言語は拡大していく予定になっている。

現在のところ本機能は、英語でTwitterを使っているユーザーだけが利用できる。可能なプロフィールには、プロフィールページのFollowボタンの左にTip Jarアイコンがある。それをタップすると、上記した送金サービスのサードパーティーアプリのリストが出る。モバイルアプリでポップアップするオプトイン機能で、チップをもらえるユーザーは自分が受け入れる決済プラットフォームを選ぶ。

関連記事:ツイッターが音声会議「スペース」をフォロワー600人以上のユーザーに公開、チケット、リマインダーなども追加

上記に加えて、AndroidユーザーはTwitterのClubhouse対抗機能であるSpacesでもお金を送ることができる。その送金に関しては、Twitterは一銭も取らないとのことだ。

この機能は、Twitterがもっと成熟したコンテンツ創造プラットフォームになろうとしている意思の表れだ。オーディオ機能や、最近大々的に展開したSpacesだけでなくTwitterは、独自のニューズレター風機能でSubstackなどに対抗しようとしている。

関連記事:Twitterが同社初となる有料クリエイターサブスク機能「スーパーフォロー」発表、サービスの構造が劇的に変わる可能性

カテゴリー:ネットサービス
タグ:TwitterSNS

画像クレジット:TechCrunch

原文へ

(文:Brian Heater、翻訳:Hiroshi Iwatani)