ハードウェア
買収 / 合併 / M&A(用語)
オーディオ / 音響機器(用語)
Sennheiser / ゼンハイザー(企業)

オーディオメーカーSennheiserがコンシューマー事業を売却、聴覚医療器具大手のSonovaに移譲

次の記事

ヴァージン・オービットのLauncherOneが2021年6月に再び宇宙へ

ドイツの老舗オーディオメーカーであるSennheiser(ゼンハイザー)は現地時間5月7日、同社のコンシューマー向け事業の買い手が決まったことを発表した。補聴器事業で有名なスイスの持株会社Sonova Holding AG(ソノヴァ・ホールディング)が、ゼンハイザーのコンシューマーエレクトロニクス部門を2021年末までに買収するという。

これによって、ソノヴァの医療製品を中心とする既存のポートフォリオに、ヘッドホンやサウンドバーが加わることになる。それだけでなく、今回の買収はヘッドホンと補聴器の境界線上に位置するヒアラブルデバイスと呼ばれるカテゴリーにも興味深い影響を与える可能性がある。一方、ゼンハイザーはプロ向け製品に全面的に力を注いでいくことになる。

ゼンハイザーはこれまで、コンシューマー事業売却の意向をかなりオープンにしてきた。2021年2月には同部門の買い手を探していることを公表している。当時、同社の共同最高経営責任者(Co-CEO)を務めるDaniel Sennheiser(ダニエル・ゼンハイザー)氏は「各々の市場における可能性を最大限に活かすために、私たちはプロフェッショナル部門の3つの事業分野に自社のリソースを集中させ、コンシューマー事業に投資してくれる強力なパートナーを探しています」と語っていた。

ゼンハイザーはソノヴァとの契約について、ブランド名のライセンス供与を含めた両社の「永続的な協力関係」と表現している。多くの従業員を含む既存のコンシューマー部門は、ソノヴァに移行することになる。このニュースを伝えるプレスリリースによると、現在600人の従業員がゼンハイザーで働いているというが、その中の何名が移籍することになるかは言及されていない。

もう1人の共同CEOであるAndreas Sennheiser(アンドレアス・ゼンハイザー)博士は、プレスリリースの中で「両社の強みの結合は、将来の成長に向けて非常に良い出発点となります」と述べ「私たちは、ソノヴァが長期的にゼンハイザーのコンシューマー事業を強化し、大きな成長機会を捉えるものと確信しています」と続けた。

カテゴリー:ハードウェア
タグ:Sennheiserオーディオヘッドフォン買収

画像クレジット:Taylor Hatmaker/TechCrunch

原文へ

(文:Brian Heater、翻訳:Hirokazu Kusakabe)