コペンハーゲン(国・地域)
Nøie(企業)

自身のトラブル肌がきっかけ、カスタマイズド敏感肌ケアのNøieがシリーズAで13億円調達

次の記事

ステイホームを楽しくしてくれるプロジェクターNebula Capsule Ⅱ、Rentioで1週間レンタルし購入

テック起業家のDaniel Jensen(ダニエル・ジェンセン)氏は、自身の肌トラブルに触発され、もっと良い方法があるはずだと考えた。そこで、コペンハーゲンを拠点とするスタートアップ「Nøie」は、自社の技術プラットフォームを使い、敏感肌をより良くケアするための肌プロファイルのデータベースを独自に開発した。

Nøieはこのたび、Talis Capitalが主導したシリーズAラウンドで1200万ドル(約13億円)を調達した。Inventureの他、Pandora(パンドラ)の元CMOであるThomas Ryge Mikkelsen(トーマス・ライゲ・ミケルセン)氏や、LEO Pharma(レオファーマ)のInnovation Labの元CEOであるKristian Schrøder Hart-Hansen(クリスティアン・シュローダー・ハート=ハンセン)氏などを含む既存投資家も参加した。

Nøieのカスタマイズされたスキンケア製品群は、ニキビ、乾癬、湿疹などの敏感な肌の状態をターゲットにしている。Nøieは独自の研究開発により、市場に出回っている何千ものスキンケア製品をスクリーニングし、最も良いと思われるものを選択し、アルゴリズムを用いて顧客を「スキンファミリー」に分類する。そうすることにより、顧客は自分の肌に合わせてカスタマイズされた製品を提案してもらえる。

競合他社としてはSkin+Meが最もよく知られているが、そちらは処方箋を必要とするスキンケアだ。Nøieの場合は非処方の製品を対象としている。

ジェンセン氏はこう述べている。「最大の競争相手は、より幅広いスキンケア業界と、それにともなう消費者の行動だと確信しています。2030年には、私たちが昔はお店に行って、パッケージの美しさやマーケティングの良さに惹かれて、スキンケア製品を選んでいたことに驚くだろうと、私は心から信じています。ある意味、この分野で新たに登場する企業はどれも、当社にとって仲間のような存在です。私たちはみな、人々がスキンケア製品を選ぶ方法を本質的に変えようと一緒に取り組んでいるのです。自分の肌のニーズに合わせ、細かくパーソナライズされた製品を受け取ることができると、人々に示しているのです」。

自分に合ったスキンケアを見つけるのに苦労したという彼は、次のように語った。「肌に合うものを見つけるのは非常に難しいことです。(既存の)テクノロジーやオンライン、アプリなどを見ると、私たちはさまざまな分野で賢くなっていますが、消費者向けのスキンケア製品に関してはまだまだです。5年後、10年後には、昔は何を使えばいいのかもわからず、ただ店に行って商品を手に取っていたことが笑い話になると思います。私たちがバスルームで使うものは、すべてカスタマイズされたものになると思います」。

Talis CapitalのプリンシパルであるBeatrice Aliprandi(ベアトリス・アリプランディ)氏は次のように述べた。「皮膚科の分野とスキンケア業界は、あまりにも長い間、慢性的な皮膚疾患に対処するために、時代遅れの『十把一絡げ』的アプローチに頼ってきました。Nøieは、データとコミュニティからのフィードバックに基づいたアプローチにより、大規模なスケールで顧客に完全なパーソナライゼーションを提供することで、次世代のスキンケアを構築し、スキンケアにおける次の革命を起こしています」。

関連記事
健康保険が適用可能な夜間・休日の往診サービス「コールドクター」が新たに大阪エリアでも往診開始
育児記録アプリ「パパっと育児@赤ちゃん手帳」などで子育てDXを推進するファーストアセントが3億円調達

カテゴリー:ヘルステック
タグ:Nøie資金調達コペンハーゲン

画像クレジット:Daniel Jensen and Chris Christiansen, Noie

原文へ

(文:Mike Butcher、翻訳:Aya Nakazato)