独自の冷凍技術で全国に人気店のスイーツを届けるケーキ専門通販サイトCake.jpが7.7億円を調達

次の記事

アフリカの決済サービスFlutterwaveが約185億円を調達、企業価値が約1090億円以上に

独自の冷凍技術で全国に人気店のスイーツを届けるケーキ専門通販サイトCake.jpが7.7億円を調達日本最大のケーキ専門通販サイト「Cake.jp」(ケーキジェーピー)を提供するCake.jpは、5月10日、第三者割当増資による7億7000万円の資金調達を発表した。引受先はニッセイ・キャピタル、丸井グループ、博報堂DYベンチャーズ、三菱UFJキャピタル。

2017年1月、「感動が集まる場所をもっとハッピーに」をコンセプトにサービスを開始した同社は、全国の洋菓子店と提携して、自宅、レストラン、結婚式場、職場など、あらゆる場所にケーキを配達してくれる。現在のラインナップは4000種類以上。なかでもデザイン性の高いケーキに人気がある。オーダーメードも可能。2020年4月時点の個人会員数は30万人だったが、新型コロナのパンデミックの影響も手伝って2021年4月には70万人を超えた。加盟店は1000店舗以上あり、この1年間で4倍に拡大した。

Cake.jpは、この1月から、送り先の住所や受け取りに都合のよい時間がわからなくても気軽にケーキを送れる「ソーシャルギフト機能」を導入した。その影響もあってか、今年4月の母の日向けの商品予約件数は、前年比300%増を記録した。

画像クレジット:cake.jp

だが同社は単に、スイーツの通販サイトを提供しているだけではない。ケーキを日本全国に配達するために欠かせない梱包技術や、冷凍ケーキ専用生クリームなどの冷凍技術を独自に開発し、加盟店にノウハウを提供している。また、オンライン販売に最適化したスイーツの開発も行っている。2021年4月には、トップパティシエと協力して、「ハイクオリティーなスイーツ」の開発と生産を行うD2C事業Cake.jp Programを開始した。

加盟洋菓子店に対しては、商品開発、集客、仕入れ、資金管理、製造などに関する課題の解決を手伝うSaaSの提供も計画している。具体的には、「原材料の共同仕入れの仕組み、Cake.jp内での広告枠の提供、販売データの提供によるトレンド把握、製造キャパシティーが足りない店舗と余裕がある店舗のマッチングサービスの提供」などの整備だ。今回の引受先であり、都心部に実店舗を展開する丸井グループと共同で、冷凍スイーツの「オフライン体験」ができる場所作りも進めつつ、「スイーツEC文化の世界観」を伝えてゆくという。

Cake.jpの出店には、初期費用や月額費用がかからない成功報酬型を採用。東京の広尾に店舗を構えるアルノー・ラエールのパティシエ、アルノー・ラエール氏は、「これまで接点の持てなかった全国のお客様へケーキを届けられるようになったことが嬉しいです。最初は、都内近郊のお客様ばかりになるのではと予測していましたが、実際の注文では約半数が遠方からの注文でした」と話している。

関連記事
全国のパン屋さんをD2C化するパンフォーユーが1.8億円調達、ベーカリー向けSaaS機能拡充

カテゴリー:フードテック
タグ:Cake.jp(企業・サービス)資金調達(用語)D2C(用語)ネットショッピング / eコマース(用語)日本(国・地域)