ハードウェア
Disney / ディズニー(企業)
STAR WARS / スター・ウォーズ(作品)

ディズニーが伸縮して光るリアルな「ライトセーバー」を予告、2022年に開業予定の宇宙客船風ホテルで披露

次の記事

法人向けAI契約書レビュー支援の「AI-CON Pro」がウェブブラウザー版リリース、PDFのレビューが可能に

ディズニーが伸縮して光るリアルな「ライトセーバー」を予告、2022年開業予定の宇宙客船風ホテルで披露

Star Wars

ディズニーが伸縮して光るリアルな「ライトセーバー」をチラ見せ予告しました。

CGではなく研究開発部門のイマジニアリングR&Dが制作した実物で、2022年に開業予定の『スター・ウォーズ』宇宙客船風ホテル Galactic Starcruiser で体験できると説明しています。

伸縮機構を備えたライトセーバーの市販トイはすでにありますが、ロッドアンテナのように手で引っぱってスライドして伸ばすもの、柄を振った勢いで薄い樹脂のリボンを螺旋状に引き出すものなどいかにもシンプルなおもちゃで、「なりきり性能」はあまり高くありません。

しかしディズニーが新たにチラ見せしたこの「リアル」ライトセーバーは、ほぼ均一な太さ・均一な明るさの「光刃」が、柄部分の3倍程度まで映画に近い速度で展開しているように見えます。

ディズニーが伸縮して光るリアルな「ライトセーバー」を予告、2022年開業予定の宇宙客船風ホテルで披露

Disney

ディズニーはこの「リアル」ライトセーバーの仕組みについて何も説明していません。しかし2017年には、「Sword device with retractable, internally illuminated blade」(内側から照らされる伸縮式の刃を備えた剣型装置)の名称で、特殊効果のための特許を出願していたことが分かっています。

もし今回の「リアル」ライトセーバーがこの特許の仕組みだとすれば、「光刃」の正体は柄の内部に巻き取って収納された二組の樹脂製リボン(テープ)と、電飾で一般的に使われるLEDストリップ。

身近な例でいえば、金属製の巻き尺(メジャー)は巻いて収納できる一方、リボン部分をやや湾曲させることで、一定の長さまでは自分の重さを支えて真っ直ぐに形を保ちます。

ディズニーが伸縮して光るリアルな「ライトセーバー」を予告、2022年開業予定の宇宙客船風ホテルで披露

Disney

ディズニーのライトセーバー特許はこれを応用して、光を拡散する樹脂製のリボン二組を柄の内部に巻き取って収納。刃が伸びる根元部分でリボン二組をそれぞれ半円に、組み合わさって円になるように曲げます。 ⊂⊃ 。

先端はキャップで覆い、 同じく巻いて収納したLEDストリップが二組の半円状リボンに覆われた状態で引っ張りだされるようにしておけば、あとはリボンをモーターで送り出し・巻取りすることで、内側から照らされた円筒形の「刀身」を自在に伸縮させられる仕組みです。

分かりやすいよう巻き尺で置き換えたアニメーションはこちら。

勢いよく振っても折れない強度を実現できるのかは気になりますが、半円同士がある程度重なるようにすることや、曲げの程度、素材である程度はカバーできるのかもしれません。テーマパーク等でのパフォーマンス用、プラクティカルエフェクト用の小道具と考えれば、強い力でぐにゃっと折れること、また真っ直ぐに戻ることは、安全性の面でむしろ望まれる性能でもあります。

ディズニーはこのリアル ライトセーバーを、2022年に米国フロリダ州オーランドのディズニーワールドリゾート内にオープンする『スター・ウォーズ』体験ホテル Star Wars Galactic Starcruiser で「体験」できるようにする予定です。

ギャラクティックスタークルーザーは、その名のとおりスター・ウォーズ世界の豪華宇宙客船を模した宿泊エンタテインメント施設。フロントは宇宙港を再現しており、シャトルを模したライドで「クルーザー」内部に到着すると、宇宙が見える舷窓を備えた客室、銀河周遊の旅を楽しむラウンジやレストランなど、スタッフも料理も調度品もすべて統一した世界観で「スター・ウォーズ」宇宙の旅を体験できる趣向です。

ディズニーが伸縮して光るリアルな「ライトセーバー」を予告、2022年開業予定の宇宙客船風ホテルで披露

Star Wars

ディズニーが伸縮して光るリアルな「ライトセーバー」を予告、2022年開業予定の宇宙客船風ホテルで披露

Star Wars

ディズニーが伸縮して光るリアルな「ライトセーバー」を予告、2022年開業予定の宇宙客船風ホテルで披露

Star Wars

ディズニーが伸縮して光るリアルな「ライトセーバー」を予告、2022年開業予定の宇宙客船風ホテルで披露

Star Wars

Galactic Starcruiser にはライトセーバーを体験できるアトラクションも用意される予定ですが、チラ見せされた「リアル」ライトセーバーが使えるのか、購入できるのか、そもそも客が触ることを許されるのか等は不明のまま。

スター・ウォーズのファンならばぜひ手に入れたいものですが、現時点では「目の前で体験」という曖昧な表現に留めていることから、「たまたま乗り合わせたジェダイ」役のキャストが使うだけで客は触れない可能性もあります。

ディズニーが伸縮して光るリアルな「ライトセーバー」を予告、2022年開業予定の宇宙客船風ホテルで披露

Star Wars

ディズニーが伸縮して光るリアルな「ライトセーバー」を予告、2022年開業予定の宇宙客船風ホテルで披露

Star Wars

Star Wars: Galactic Starcruiser Launches in 2022 at Walt Disney World Resort | Disney Parks Blog

Engadget日本版より転載)

関連記事
Disney+が今後数年以内にスター・ウォーズシリーズ10作品とマーベル・シリーズ10作品の独占配信を発表
開始1年でDisney+のサブスク会員が7300万人超え
建設中の「Star Wars: Galaxy’s Edge」に潜入、ディズニーの最高傑作ランド
ストーリーを楽しめる没入型Star WarsホテルをDisneyが発表

カテゴリー:ハードウェア
タグ:STAR WARS / スター・ウォーズ(作品)Disney / ディズニー(企業)