IoT
ガソリンスタンド
バカン / VACAN(企業・サービス)

店舗の空き情報をリアルタイム配信する「VACAN」がガソリンスタンドのセルフ洗車場の混雑状況を可視化

次の記事

賞金もゲットできる新たなトリビアクイズのモバイルアプリ「BigBrain」が登場

AIとIoTを活用したリアルタイム空き情報配信プラットフォーム「VACAN」を手がけるバカンは5月10日、新出光運営のガソリンスタンド「セルフ福岡空港東SS」において、セルフ洗車場の混雑情報をリアルタイムで可視化する取り組みを開始した。VACANで混雑情報を配信することで、利用者は手元のスマートフォンやPCでいつでも混雑状況を確認できるようになる。

VACANは、お店や施設のリアルタイムの空き情報をPC・スマホで見られるよう配信するサービス。マップ上で近隣施設の空き・混雑状況を一覧できる機能「VACAN Maps」を搭載しており、アプリのダウンロードや会員登録などをせずとも、ガソリンスタンドの位置や洗車場の混み具合を確認できる。混み具合の情報は「待ちなし」「5分以上待ち」「10分以上待ち」「20分以上待ち」の4段階で表示する。

店舗の空き情報をリアルタイム配信する「VACAN」がガソリンスタンドのセルフ洗車場の混雑状況を可視化

これまで「セルフ福岡空港東SS」のセルフ洗車場は、年末・大型連休などの時期に利用が集中し、混雑が起こりやすいといった課題があった。利用者も混雑しているタイミングを事前に知ることが難しかったため、現地に行くまで空き具合が分からない状態だったという。

今回の導入により、利用者は混んでいないタイミングを選んでの利用が可能となり、待ち時間がなくなり利便性が向上するとしている。また店舗側は来店の平準化効果を期待しているそうだ。

なお、​空き状況や混雑を検知する方法としては、今回はガソリンスタンドに設置したカメラと独自の画像解析技術を活用し、自動的に混み具合を計測しているという。

関連記事
店舗の空席情報をリアルタイム配信するバカン、九州・関東に続き関西にエリア拡大
ホテル・旅館内の混雑情報をリアルタイム配信、バカンの技術を盛り込んだ「VACAN for Hotel」を提供開始
バカンの技術でスーパーやコンビニの3密回避、混雑状況をリアルタイム把握できる「VACAN」システムの提供開始

カテゴリー:IoT
タグ:バカン / VACAN(企業・サービス)日本(国・地域)