Apex Legends(製品・サービス)

eスポーツ「Apex Legends」大会配信の1分あたり平均視聴数が北米で10万人超に、Twitch Dropsも貢献

次の記事

グーグルがインドでワクチン接種センター、病床や医療用酸素情報の表示を開始

eスポーツ「Apex Legends」大会配信の1分あたり平均視聴数が北米で10万人超に、Twitch Dropsも貢献

Sean M. Haffey via Getty Images

パンデミックの影響で世界的に人が密集するイベントが開催しにくくなり、その結果テレビや配信を通じた映像によりエンターテインメントが活況を呈するようになっています。なかでもeSportsは日本ではまだまだ市民権を得たとは言いがたいものの、米国や欧州などでは人気のコンテンツになっています。

2020年に独自のeSportsリーグを立ち上げた人気のチーム制バトルロイヤルシューティングゲーム「Apex Legends」は、配信プラットフォームのTwitchの機能を使った配信視聴者へのゲーム用アイテムなど特典提供のしくみも活用し、イベントごとに安定して視聴数を稼ぎ出すようになっています。

開発元のRespawn Entertainmentは、Apex Legends Global Series(ALGS)Winter Circuitの北米プレーオフ大会が、フランチャイズで最も視聴されたイベントになったことを発表しました。Respawnによると、この3月下旬に開催された大会では1分ごとの平均視聴数が50%以上増加して10万人を超え、視聴したApexプレイヤーたちには1時間視聴ごとにTwitch Dropsを通じてアイテムがプレゼントされました。提供されたアイテムには専用着るトラッカー、バッジ、バナーポーズ、期間限定のレジェンダリーホログラフィックなどが含まれていたとのことです。

またこの大会では観戦モードのフリーカメラを提供してゲームの進行状況を追跡し、さらに上位選手には大会と共同で独自ストリーミングを許可しました。こうした取り組みが視聴数の面で功を奏したようで、5月22日に開幕するチャンピオンシップに向けて良い弾みになったと言えそうです。

eスポーツ「Apex Legends」大会配信の1分あたり平均視聴数が北米で10万人超に、Twitch Dropsも貢献

EA

ALGSチャンピオンシップは5つの地域に分かれた大会となり、5月22または23日(地域によって6月1または2日)にまずはグループステージから開始予定。グループステージはNorth America(北米)およびEMEA(欧州中東アフリカ地域に各40チーム、APAC North(北アジア太平洋)、APAC South(南アジア太平洋)、South Africa(南米)には各30チームが参戦、それぞれ10チームずつのグループに分かれて争われ、20チームが各地域のファイナルに進出します。もしご興味あるなら、詳細はエレクトロニック・アーツのApex Legendsサイトでご確認ください。

(Source:EA、via:Esports ObserverEngadget日本版より転載)

関連記事
ゲーマーとコーチを結ぶマーケットプレイス「Metafy」が約6億円の資金を追加調達
任天堂が最終利益4803億円と過去最高更新、巣ごもり需要でSwitchが2021年3月期473万台と販売増
ソニーがDiscordに出資と提携、PlayStationにチャットアプリ搭載へ
アマゾンのオーバーザトップ事業IMDb TVやTwitchなどが好調、総視聴者数1億2000万を突破
米国の2021年第1四半期のビデオゲーム支出は30%増の1.6兆円、ハードウェアが好調
プロeスポーツチーム「REJECT」運営元が3.6億円のシリーズA調達、トレーニング環境投資や新規事業開発加速
動画配信ソフト「OBS」がNVIDIAの音声ノイズ除去機能を取り込み、キー打鍵音やマイクのホワイトノイズ低減
「フォートナイト」開発元Epic Gamesが約1090億円を新たに調達、株式評価額は3兆1300億円に
eスポーツ大会運営のRATELが1.2億円を調達、プロゲーマー向けボイスチャットアプリ「VOLBOX」の開発を強化
bilibiliがゲーム配信プラットフォームTapTapに136億円投資、過熱する中国のゲーム市場でレベルアップ

カテゴリー:ゲーム / eSports
タグ:Apex Legendsゲーム(用語)ゲーム実況 / ゲーム配信(用語)新型コロナウイルス(用語)動画配信(用語)