テックドクター(企業)

医療・製薬研究機関向けに医療データ分析SaaS「SelfBase」を提供するテックドクターが1億円調達

次の記事

マイクロモビリティのBirdがSPAC合併で間もなく上場との報道

医療・製薬関連研究機関向けにメンタル不調や精神疾患専用の医療データ分析SaaS「SelfBase」(セルフベース)を提供するテックドクターは5月11日、シードラウンドにおいて、第三者割当増資による総額約1億円の資金調達を発表した。引受先はジェネシア・ベンチャーズほか。

調達した資金により、SelfBaseの開発とともに、一般事業者や個人向けのパーソナルコンディショニングツール「SelfDoc.」の開発・実用化を進める。SelfBaseは、2021年7月から特定の精神科クリニックでの集中的なテストトライアルを実施する予定。

同社は、医療機関や医療関連データを扱う事業者において収集されたデータ、また、ウェアラブルデバイスによって収集されたデータをSelfBaseで分析するとともに、事業者・医師・心理士および個人などが、SelfDoc.を通じ患者・クライアントや自身の不調を予防・ケアする仕組み作りを行う。

またこれらをワンストップで実現することで、様々な研究機関や医師・事業者等の工数削減と、個人のより精緻なヘルスケア・メンタルケアの実現、医療やヘルスケアがより身近になる世界を目指す。

医療・製薬研究機関向けに医療データ分析SaaS「SelfBase」を提供するテックドクターが1億円調達

2019年設立のテックドクターは、「データで『調子』を良くする」をミッションに掲げる、データ分析×ヘルスケア領域のスタートアップ。SelfBaseは、ウェアラブルデバイスなどで取得できるモニタリングデータや医療関連データなどを統合・分析・可視化する医療データ分析SaaSにあたる。医療・製薬をはじめとする研究・実験や治験などを行う機関・事業者、また医療データ関連のサービス開発を行う事業者向けに、2020年から徐々にその提供を始めたという。

医療データ分析SaaS「SelfBase」機能例

  • ウェアラブルデバイスから、睡眠・運動・脈拍のデータ(生データ)をリアルタイムに収集
  • 勤務状況やアンケートデータ、健康診断データなど(アナログデータを含む)の取り込み
  • ノイズキャンセリングやデータの整形、外部データとのつなぎこみ
  • ウェルビーイング指数や睡眠のばらつき度合い の計算とビジュアライズ
医療・製薬研究機関向けに医療データ分析SaaS「SelfBase」を提供するテックドクターが1億円調達

SelfBaseの概要

医療・製薬研究機関向けに医療データ分析SaaS「SelfBase」を提供するテックドクターが1億円調達

SelfBaseの画面イメージ

関連記事
メンタルヘルスの維持・改善を自動で行うシステムなど手がけるWorld Life Mappingが資金調達
精神科医が監修のオンラインカウンセリング「マイシェルパ」が資金調達とサービス開始発表
非営利Tech集団「ZIAI」がAIを活用したSNS自殺関連キーワード検知システムのβ版をリリース
メンタルヘルスAIサービス開発のemolと第一生命がアプリ内会話内から保険商品を推薦する実証実験を開始

カテゴリー:ヘルステック
タグ:資金調達(用語)テックドクター(企業)メンタルヘルス(用語)日本(国・地域)