オークション(用語)

eBayがNFT(非代替性トークン)の取引に向け新機能導入を予定

次の記事

韓国Kakao Entertainmentが連載小説アプリ「Radish」を約478.7億円で買収へ

過去数カ月の間に数十億ドル(数千億円)ものNFT(非代替性トークン)が購入されている情勢を受け、eBayは今後、自社のプラットフォームでNFTの販売を許可する方向であると、米国時間5月11日にReuters(ロイター)に語った。この大手eコマース企業は、プラットフォーム上におけるデジタル収集品の販売を、徐々に確立していく方針らしく、まずは少数の認証された出品者から始めるという。

eBayの重役であるJordan Sweetnam(ジョーダン・スウィートナム)氏は「今後数カ月の間に、eBayはブロックチェーンを利用した収集品を当社のプラットフォームで販売するための新しい機能を追加する予定です」と語っている。

これまでにeBayは、トレーディングカードやスニーカー、腕時計など物理的な収集品を扱うインフラに多額の投資を行っており、購入者のために認証を支援する仕組みを導入している。

eBayはオンラインショッピング産業において大きな存在感を示しているものの、すでに存在する数十もの暗号ネイティブのNFTマーケットプレイスと競合することになる。最近、NFTへの関心は高まっているが、暗号資産(仮想通貨)で収集品を購入するためのインフラは、依然としてあまり使いやすくなってはいない。2021年5月初旬、eBayの幹部は将来的に暗号資産を受け入れることに前向きであると語っていた

なお、このニュースと時を同じくして、ほとんどのNFTの購入手段として使われる暗号資産のEthereum(イーサリアム)が過去の最高値を更新しており、現在(日本時間5月12日午前)は45万円前後で取引されている。

関連記事:

カテゴリー:ブロックチェーン
タグ:eBayNFTオークション暗号資産

画像クレジット:Getty Images

原文へ

(文:Lucas Matney、翻訳:Hirokazu Kusakabe)