バルセロナ(国・地域)
MWC 2021(イベント)

レノボもMWCバルセロナ2021会場出展せず、サムスンに続き

次の記事

レストランが配達アプリの混乱をコントロールできるようにするリスボンのKitchが4.4億円調達

来るMWCバルセロナへのSamsung(サムスン)の不参加表明からほどなくして、中国のハードウェア大手(そしてMotorolaの親会社である)Lenovo(レノボ)も、会場での参加を控えることを決めたとTechCrunchに認めた。MWCバルセロナは6月28日から7月1日にかけて開催される予定だ。

「Lenovoは会場では参加しませんがバーチャルパートナープログラムに参加します」と同社は短い声明文で述べた。ブース出展をスキップしてすべてバーチャルで行うというSamsungの決定と同じだ。

この動きは特に驚くものではない。先の記事でも指摘したが、2020年初めに体験した感じを振り払うのは難しい。2020年はイベントの中止が決まる前に企業が続々と不参加を決めるドミノ現象がみられた(ただし話を総合するに、2021年のMWCは会場で開催される)。Google、IBM、Nokia、Sony、Oracle、Ericssonがすでに不参加を決めている。

関連記事:サムスンもMWCバルセロナ2021会場出展を見送り

ZTE、Xiaomi、LGなど主要ハードウェアメーカーの一部の名はまだ公式MWC出展社リストに載っている。しかしLGはつい最近スマートフォン事業から撤退すると発表し、事態はさらに複雑になっている。

関連記事:韓国LGがスマートフォン事業閉鎖

Samsungの発表を受け、MWC運営組織のGSMAは「もちろんパンデミック下での計画は複雑であることを想定しています。SamsungはMWC21のバーチャル版への参加を受け入れ、2022年に会場に戻ってくることを期待しています」とTechCrunchに語った。Lenovoの決定への反応も今のところは似たようなものと言っても間違いなさそうだが、追加のコメントがあり次第アップデートする。

こうした不参加の発表が、2021年少しでもノーマルに戻るというMWCの野心にとって大打撃となるのは間違いない。しかし世界多くの場所でパンデミックが引き続き猛威をふるい、移動が規制されていることを考えると、企業が慎重になるのは仕方のないことだ。

関連記事:【コラム】2021年、テック見本市は復活するのか?

カテゴリー:イベント情報
タグ:MWCバーチャルイベントバルセロナMWC 2021Lenovo

画像クレジット:Josep Lago / AFP / Getty Images

原文へ

(文:Brian Heater、翻訳:Nariko Mizoguchi