モビリティ
電気自動車 / EV(用語)

SUBARU初の本格EVの車名が「SOLTERRA(ソルテラ)」に決定、2022年に発売予定

次の記事

テスラのライバルNIOにLiDARを供給する中国Innovusionがシンガポール政府系ファンド主導で69.5億円調達

電気自動車を待ち望むSUBARU(スバル)ファンの願いがもうすぐ叶う。この日本車メーカーは5月11日、2022年に発売予定の新型電気自動車に関する新たな情報を発表した。

SUBARUは、グローバルに販売する同社初の電気自動車(日本市場向けにはかつて「サンバーEV」という電気自動車の軽トラックが少数販売されていたことがある)を「SOLTERRA(ソルテラ)」と名づけることにした。この名称は、ラテン語で「太陽」を意味する「SOL(ソル)」と「大地」を意味する「TERRA(テラ)」を組み合わせた造語だという。アウトドアアドベンチャーのイメージが強いSUBARUに相応しい車名と言えるだろう。また、これも同ブランドに相応しく、このSUBARU初の本格的なEVは、同社が誇る四輪駆動機能を備えたSUVになるという。

ソルテラは、SUBARUがトヨタと共同開発している新しいEV専用プラットフォームを採用する。トヨタはこの新型プラットフォームを使って「bZ4X」(bZはbeyond zeroの略)という、奇想天外な名前のクロスオーバーを開発中だ。

関連記事:上海モーターショーで注目を集めていたEVたち

今のところ、SUBARUは2枚のティーザー画像を公開しているだけだが、トヨタのbZ4XとDNAを共有することを考えると、SUBARUの新型SUVは、トヨタの未来的な電動クロスオーバーのスタイルをトーンダウンし、アグレッシブさを抑えたものになるだろう。

それ以外のことは何もわかっていない。もしソルテラがbZ4Xに近い外観になるなら、RAV4のルーフを潰したような全高で「SUBARU XV」と「フォレスター」の間ほどのサイズになりそうだ。

SUBARU初の量産EVは、2018年に米国で発売された(日本未発売の)プラグインハイブリッド車「CROSSTREK HYBRID(クロストレック・ハイブリッド)」に加え、気候変動に敏感なドライバーが選ぶことのできる数少ないSUBARU車の1台となる。ソルテラは2022年年央までに日本、米国・カナダ、欧州、中国などで発売される予定だ。

関連記事:

カテゴリー:モビリティ
タグ:SUBARU電気自動車日本SUV

画像クレジット:SUBARU

原文へ

(文:Taylor Hatmaker、翻訳:Hirokazu Kusakabe)