UberとLyftが新型ワクチン接種会場への無料乗車を提供、ホワイトハウスとの契約で

次の記事

電動キックスクーターのシェアサービスを展開するBirdがSPACを介して上場、評価額は約2522億円

UberとLyftは、ホワイトハウスとの合意に基づいて、新型コロナウイルスのワクチン接種に行く人は誰でも料金を無料にする。

ライドシェア企業とホワイトハウスのパートナーシップを最初に報じたWSJによると、無料乗車はバイデン大統領が、その日までに米国の成人の70%を接種完了にしたいと述べた7月4日まで行われる。

LyftとUberはそれぞれTechCrunchに、両社が無料乗車にかかる費用を負担すると述べた。またUberの広報担当者が語ったところによると、ホワイトハウスは、このサービスに関するアドバイスやその展開方法について助言を与えるとともに、国内にある8万カ所以上の予防接種会場のデータを共有することになるという。

Uberはサービスの開始日を言わなかったが、予定としては数週間後とのこと。Lyftの乗客は、5月24日から無料乗車のためのコードをアプリまたはウェブサイトから入手できる。

UberのCEOであるDara Khosrowshahi(ダラ・コスロシャヒ)氏は声明で次のように述べている。「パンデミックに勝つための最良の希望がワクチンであり、近く米国に住む誰もが、接種を受けるために無料でUberを利用できる。これまで行ってきたグローバルなサービスをより深化し、ホワイトハウスおよびLyftと協力して、全米のワクチン接種会場への無料乗車を提供できることはこの上ない名誉だ。これは、私とUber、そして私たちの国にとって、誇り高き瞬間だ。毎日、より多くの米国人が予防接種を受け続けています。一緒に前進しましょう」。

Uberはまだ、この事業の具体的な詳細を公表していない。Lyftによると、その乗車コードは片道15ドル(約1640円)をカバーしするとのことで、これまでの予防接種会場への乗車実績から、すべてではないにしても、この金額でほとんどの料金をカバーできると考えているという。乗車コードはLyftのライドシェアと自転車やスクーターで利用でき、薬局の標準営業時間である午前6時から午後8時まで有効だ。

Lyftの共同創業者で社長のJohn Zimmer(ジョン・ジマー)氏は、声明で次のように述べている。「ワクチンは私たち全員が再び動けるようになるための鍵であり、この国を前進させるために貢献できることを誇りに思います。私たちは常に、運輸交通には人々の生活を向上させる力があると信じてきました。今回の企画はこれまでにも増して、その信念の正しさを立証しています。より多くの米国人がワクチン接種を受けられるようにすることは、Lyftのドライバーと乗客のコミュニティにも寄与します。アクセスを優先化したバイデン政権には感謝しています」。

この発表は、恵まれないコミュニティに無料または割引料金の乗車を提供するUberとLyftの取り組みと、ワクチン接種情報や接種会場の案内を提供してきた両社の努力がベースになっている。Uberが新型コロナウイルス救済事業を開始したのは2020年3月で、無料の乗車や配達を提供した。12月に同社は、無料または割引料金による乗車をさらに1000万件増やすと発表している。

2021年4月、Uberは10項目近い新たな機能を発表し、その中には、ドラッグストアチェーンのWalgreensで接種を予約したり、接種のための乗車予約ができる機能が含まれている。

Lyftは2020年12月に、JPMorgan ChaseやAnthem、United Wayなどとのパートナー連合でワクチン接種の普遍化キャンペーンを立ち上げ、接種会場への往復乗車6000万件を低所得層や無保険者、リスクの高いコミュニティなどに提供した。

関連記事
Uberがコロナ禍後を見すえてワクチン予約やレンタカーデリバリーなど新サービスを発表
Uberと米製薬会社Modernaがなかなか進まない新型コロナワクチン接種の啓発、促進で提携

カテゴリー:モビリティ
タグ:UberLyft新型コロナウイルスワクチンアメリカ

画像クレジット:Smith Collection/Gado/Getty Images

原文へ

(文:Kirsten Korosec、翻訳:Hiroshi Iwatani)