ハードウェア
ウェアラブルデバイス(用語)
モバイル決済(用語)

Visaタッチ決済対応スマートリング「EVERING」が3000個限定で5月17日12時に先行予約開始

次の記事

Rocket Labが5月15日の打ち上げ詳細を発表、2度目のブースター洋上回収に向けて準備

Visaタッチ決済対応スマートリング「EVERING」が3000個限定で5月17日に先行予約開始ウェアラブルデバイスを開発するEVERINGは5月12日、Visaのタッチ決済対応スマートリング「EVERING」(エブリング)を3000個限定で、5月17日12時から公式ページにて予約を開始すると発表した。価格は税込1万9800円で、2021年夏頃をめどに順次発送予定。

EVERINGは、Visaのタッチ決済対応店舗において、財布、クレジットカード、スマートフォンを取り出すことなく非接触で買い物ができるキャッシュレス決済機能搭載のリング型ウェアラブルデバイスだ。これまでのキャッシュレス決済のようにデバイスを取り出したり、アプリを立ち上げたり、ロックを解除したりといった動作は必要なく、スピーディかつスムーズな決済体験が可能だ。

Visaタッチ決済対応スマートリング「EVERING」が3000個限定で5月17日に先行予約開始

製品には事前にクレジットカードを登録し、金額をチャージして利用する(1回で可能なチャージの限度額は3万円)。チャージや機能停止、再開などはアプリから可能だ。また製品内部にICチップを搭載し、リーダーからの電波に反応するため充電は不要。またNFC(TYPE-A)をサポートしている。本体素材はジルコニアセラミック製で、低刺激、高耐久かつ防水機能(5気圧)を実現し、装着したまま手を洗うことができる。

EVERINGの価格は税込1万9800円で、カラーはブラック1色。また、17種類のサイズが用意されている。今回の先行予約分は購入手続きが完了後、2021年夏頃を目処に出荷予定だ。EVERINGによれば、今後は公共交通・シェアリングエコノミー・鍵やチケットなどの機能追加などを予定しているという。

関連記事
アクティビティから睡眠管理に移行するフィットネスリングのOuraが約109.3億円を調達
家族追跡アプリLife360がウェアラブル位置情報デバイスJiobitを40.3億円で買収
VisaカードがApple Payに国内対応、三井住友や楽天カードなど

カテゴリー:ハードウェア
タグ:モバイル決済(用語)ウェアラブルデバイス(用語)日本(国・地域)