支出管理SaaS提供のリーナーテクノロジーズが見積依頼書を「5ステップ5分」で作成できる「Leaner見積」公開

次の記事

現場監督の業務を効率化する建設現場管理・図面共有アプリ「SPIDERPLUS」が4万ユーザーを突破

企業の支出管理プラットフォーム「Leaner」を提供するLeaner Technologies(リーナーテクノロジーズ)は5月13日、物品・サービスを購買する際の見積プロセスをデジタル化する新サービス「Leaner見積」をリリースした。また、サプライヤー企業向けには「Leanerサプライヤポータル」を同時リリースしている。

Leaner見積が目指すのは、アナログな見積プロセスのデジタル化だ。見積依頼書を「5ステップ・5分」で作成できるだけでなく、サプライヤーへの一括依頼、比較表の自動作成、チャットコミュニケーションといった機能を通じて、見積案件をクラウド上で一元管理できる。これにより、見積業務にかかる工数を大幅に削減し、コスト削減効果やプロセスの可視化によるガバナンス強化に貢献するとしている。

またLeanerサプライヤーポータルは、サプライヤーが見積依頼の受領から見積提出までを行えるプラットフォームだ。専用の管理画面よりログインすることで、ユーザーから新規提案・入札の機会を得たり、案件管理機能・コミュニケーション機能で取引を一元管理できる。

リーナーテクノロジーズによれば、Leaner見積はすでに約20社の大手企業が利用しており、50%の業務効率化と10%のコスト改善に成功した例もあるという。企業のコスト意識が高まる中、見積業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)が今後も進みそうだ。

関連記事
支出管理SaaS「Leaner」運営のリーナーテクノロジーズが3億円を調達
200兆円の間接費市場を変えるコスト削減SaaS「Leaner」ローンチ、5000万円の資金調達も

カテゴリー:ネットサービス
タグ:SaaS(用語)リーナーテクノロジーズ(企業)日本(国・地域)