ブロックチェーン
Secret Network(用語)
暗号資産 / 仮想通貨(用語)
DeFi / 分散型金融(用語)
金融プライバシー(用語)

Web3.0の金融プライバシー競争で主要プレイヤーを味方につける「Secret Network」

次の記事

「渇きを殺す」ヘヴィメタな水Liquid Deathが新たに16.4億円調達、Live Nationの独占サプライヤーに

世界経済を支えている現実の世界で、私たちは自分の金融活動のすべての側面をさらけ出すことはない。例えばクレジットヒストリーや銀行取引履歴など、自分の経済的なデータにアクセスできる相手を、どのような状況であれ選択したいと考えている。ブロックチェーンの世界の問題点は、このような金融プライバシーが実際には存在しないことだ。そのため、悪意のある人物がパブリックブロックチェーン上での誰かの取引を見た直後に、その人を利用することができる「フロントランニング」という行為などの悪用が行われている。求められているのは、この問題を解決するための真のインフラ整備であり、それなしには「DeFi」(分散型金融)において、暗号資産の理想の実現はあり得ない。

そのため、ブロックチェーンファイナンスの領域で名の知られている組織が、Secret Network(シークレットネットワーク)ブロックチェーンのネイティブコインであるSCRTに1150万ドル(約12億5100万円)相当の投資を行っていることは極めて大きなことだ。この投資はArrington Capital(アーリントン・キャピタル)とBlocktower Capital(ブロックタワー・キャピタル)が主導し、Spartan Group(スパルタン・グループ)とSkynet Trading(スカイネット・トレーディング)も参加している。

Secretへのこれまでの投資家には、Outlier Ventures(アウトライヤー・ベンチャーズ)、Fenbushi Capital(フェンブシ・キャピタル)、Hashed(ハッシュド)の他、Secret Foundation(シークレット・ファウンデーション)やEnigma MPC(エニグマMPC)、Figment(フィグメント)やStaked(ステークト)などのノード運用者がいる。

Secret Networkファウンデーションの創設者であるTor Bair(トール・ベア)氏は次のように述べる。「シークレットのエコシステムに貴重で経験豊富なパートナーが加わったことは、Secret Networkが急成長しているアプリケーション層の拡大とサポートに集中するさなかで重要な変曲点となることでしょう」。

事業転換前はEnigma(エニグマ)と呼ばれていたSecret Networkは、プライバシーを最優先する最初のスマートコントラクトプラットフォームであると主張している。(このブロックチェーンの最初のバージョンはEnigma Mainnet[エニグマ・メインネット]と呼ばれていたが、このブランディングは2020年夏のガバナンス投票によってSecret Networkに変更された)。

2021年のこれまでに、Secret Networkのエコシステムは、プライバシー保護機能を備えた「フロントランニングに強い」クロスチェーンAMMであるSecretSwap(シークレットスワップ)など、いくつかのネイティブアプリケーションを発表している。また、Secret NFTs(シークレットNFT)の開発も進めている。

では、なぜこれらのプライバシーが重要なのか?なぜ私たちがこのようなことを気にするべきなのか?それは単純に、プライバシーがなければ、DeFiが主流になる可能性は極めて低いからだ。

取引におけるプライバシーがなければ、従来の経済システムにおいて、Bitcoin(ビットコイン)の価格が上がるか下がるか以外の点で暗号資産やブロックチェーンが注目されることはないだろう。

確かに、この分野に取り組んでいるのはSecret Networkだけではない。同じ分野で活躍しているのはPhala(メインネットにはまだ掲載されておらず、Polkadot[ポルカドット]をベースに構築されている)、Oasis、Aleoなどのブロックチェーンプロジェクトであり、これらは最近Andreessen Horowitz[アンドリーセン・ホロウィッツ]経由で資金調達を行ったばかりだ。

これらのプロジェクトに共通しているのは、Web3.0の「アプリケーションプライバシー」と呼ばれる空間における競争だ。これらのプロジェクトは、私たちが伝統的な金融システムには期待するようになったが、ブロックチェーンの世界ではまだ実現していない金融プライバシーを再生しようとしている。

しかし、このアプローチをMonero(モネロ)やZcash(ジーキャッシュ)のようなプライバシーコインと混同するべきではない。これらはコインであり「プログラマブルプライバシー 」と呼ばれるものを目指している上記のプロジェクトとはまったく異なる。

ベア氏はこう語る。「(プライバシーコインによる)取引上のプライバシーは、取引の単純な側面を他の当事者から隠すということに過ぎず、狭い範囲のプライバシーです。スマートコントラクトのプライバシーは、私たちが『プログラマブル・プライバシー』と呼んでいるもので、より強力なアイデアです。開発者は、データのプライバシーを保護しつつ、複雑な分散型でパーミッションレスのアプリケーションを構築することができ、Web3.0のセキュリティとユーザビリティに大きな影響を与えます。例えとして、非中央集権的なFacebookを構築することを想像してみてください。通常のブロックチェーンは、デフォルトですべてのデータを公開してしまい、これはユーザーのプライバシーとセキュリティにとってはるかに悪い結果をもたらします。スマートコントラクトのプライバシーだけが、ユーザーエクスペリエンスを損なうことなく、また安全性を脅かすことなく、このようなタイプの複雑なアプリケーションを構築することができます」。

フロントランニングとは、未来に起こる既知の取引が発生する前にその取引を最初に行ってしまうことであるとよく言われる。シークレットでは、スマートコントラクトとのやりとりがすべて暗号化されており、ネットワークの検証者であっても見ることができないため、プロトコルレベルでこの問題を防いでいるとベア氏は主張する。「そのため、Secret Network上に構築されたすべてのDeFiアプリケーションは、デフォルトでフロントランニング耐性を備えているのです」と彼はいう。

とはいえ、シークレットは、例えばEthereum(イーサリアム)にすでに存在するAutomata(オートマタ)のような無数のプライバシープロジェクトと競争しなければならない。Secret Networkは独立したブロックチェーンであり、成功させるためには開発者コミュニティを必要とする一方で、イーサリアムやポルカドットは技術的に先行している。しかし、これらのブロックチェーンはデフォルトではパブリックだ。つまり、シークレットがプライバシーの問題に重点を置いていることで、シークレットがこの領域の主要なプレイヤーとなる可能性がある。

ベア氏はこうコメントしている。「DeFiの世界でユーザーと開発者にこのレベルのコントロールを与えることができるのは、プログラマブルなプライバシーだけなのです。プログラマブルなプライバシーがなければ、DeFiは純粋に投機的な活動以外で大規模に普及することはないでしょう。Secret Networkは、ユーザーの保護を強化すると同時に、従来の機関が機密データを保護しながら安全に参加できる、新しいタイプのDeFiアプリケーションの基盤になることを目指しています。また、ブロックチェーンの短期的な成功のために必要なのは、何千人もの開発者ではなく、初期の極めて重要なアプリケーションを構築できる適切な開発者なのです」。

さらにシークレットには、ブロックチェーンの分散化という性質上「勝者がすべてを手に入れる」環境ではない(大規模なビッグテックのプラットフォームの成長によってインターネット全般はそうなったが、ブロックチェーンでそれが起きると分散化の意味に反する)という好事実がある。ベア氏によれば「Secret Networkのビジョンは、すべてのパブリックブロックチェーンのデータプライバシーハブになることであり、イーサリアムのようなネットワークと競合するのではなく、協力することです(イーサリアムにはすでにブリッジと、アセットロックとして1億ドル、約108億5600万円以上があります)」。

Secret Networkは、2020年9月にメインネットで開始したが、自身のことをプライバシーを守るスマートコントラクトを搭載した最初のブロックチェーンの1つであると主張している。これはつまり、Secret Network上で構築されたすべての分散型アプリケーションが、デフォルトでデータプライバシーを持つことができるということだという。Secret Networkのブロックチェーン自体はCosmos SDK / Tendermintをベースにしており、独自の独立したコンセンサス、オンチェーンガバナンス、スラッシュやデリゲーションなどの機能を備えている。当ブロックチェーンはネイティブコインであるシークレット(SCRT)によって保護されている。SCRTは、ネットワークの検証者がステーキングする必要があり、取引や計算の手数料、ガバナンスに使用されている。

今回の投資について、Arrington Capitalの創業者であるMichael Arrington(マイケル・アーリントン)氏は次のように述べる。「シークレットは、プライバシーを優先した初のブロックチェーンエコシステムです。金融面でのプライバシーは個人の自由にとって極めて重要であり、Arrington Capitalは長年にわたり金融面でのプライバシーと検閲への耐性に尽力してきました。分散型金融の急速な拡大により、Secret Networkのようなソリューションは、DeFiエコシステムにタイムリーに加わることになります」。(Arrington Capitalは、以前TechCrunchの創業者でもあったアーリントン氏が設立した企業だが、彼は最近は創立者としての肩書きには関与していない)。

英国のOutlier Venturesの創業者でシークレットの支援者でもあるJamie Burke(ジェイミー・バーク)氏は、次のように語る。「プライバシーは、DeFiからNFT、そしてその先まで、Web3.0のセキュリティと導入に不可欠なものです。Secret Networkは、この分野に新しくユニークなプライバシー機能をもたらし、その結果、次世代のWeb3.0アプリケーションの成功の基盤となると信じています」。

Secret Networkは、Sienna Network(シエナ・ネットワーク)などのDeFiプレイヤーからも支持を得ている。プライバシーDeFi企業のチーフエバンジェリスト兼コアコントリビューターであるMonty Munford(モンティ・マンフォード)氏は、次のように語る。「世界中のあらゆるネットワークの中からSecret Networkを選んだのは、それが極めてよく考えられて作られているからです。彼らはプライバシーを理解し、我々はDeFiを理解している。私たちは最高の組み合わせなのです」。

カテゴリー:ブロックチェーン
タグ:金融プライバシーDeFi暗号資産Secret Network

画像クレジット:Yuichiro Chino / Getty Images

原文へ

(文:Mike Butcher、翻訳:Dragonfly)