宇宙
人工衛星(用語)
Rocket Lab(企業)

Rocket Labの20回目の打ち上げは失敗、ペイロードも失う

次の記事

グーグルのCloud Runが確約利用割引を導入しセキュリティ機能を増強

Rocket Lab(ロケットラボ)は米国時間5月15日朝に20回目となるElectron(エレクトロン)打ち上げを実施したが、第2段エンジンが点火された直後に重大な問題が発生した。本来はそうならないはずだが、エンジンは点火後に停止した。これはシステム不具合のときに起こる自動緊急停止プロセスの結果のようだ。Rocket Labは第2段の点火直後に問題が発生し、ロケットとペイロードを失う結果となったことを確認した。

同社は2020年7月のミッションも失敗している。Electronを使った13回目の打ち上げのロケットと搭載ペイロードは、第2段燃焼中に起こったエンジン不具合で失われた。その問題も今回同様に安全停止がきっかけとなって起こり、ロケットや貨物は爆発しなかったもののロケットは停止し、目的の軌道へと達せずペイロードも分離しなかった。

関連記事:Rocket Labの打ち上げは第2段ロケットの燃焼中に失敗、キヤノン電子開発の地球観測衛星などが消失

「Running Out of Toes」という名称の今回のフライトはRocket Labの2021年3回目の打ち上げで、有料顧客BlackSkyのためのものだった。同社のグローバル監視・情報収集プラットフォームの運用に使われる地球観測衛星を軌道に乗せる計画だった。そして衛星を宇宙へと運ぶElectronロケットで使われる第1段ブースターの回収も予定されていた。

Rocket Labの打ち上げ後のロケットを回収は、2020年11月に続き今回が2回目だった。同社は今回の試みのために、改善された熱保護システムやブースターを動かすRutherfordエンジンを守る熱シールドなどElectronそのもののアップグレードを含め、多くの点を改良した。こうした改善は、回収後の再利用のためにいい状態を維持するという、再利用可能な最終デザインとするためだ。

Rocket Labは打ち上げ後に、安全停止後に第2段が「予想された打ち上げコリドー内に留まり」、社会やチームにいかなりリスクも与えないと記した声明文を出した。同社はまた、第1段が予定どおり着水し、チームがブースター回収のために太平洋の現場にいると述べ、少なくともミッション2つめの目的は順調に達成されつつあるようだ。

今回の異常の原因は調査されることになり、今後のミッションで同じ問題が起こらないよう次の打ち上げ前までに究明が要される。

関連記事:Rocket LabのElectronロケットはヘリで空中回収して再利用

カテゴリー:宇宙
タグ:Rocket LabElectronロケット

画像クレジット:Rocket Lab

原文へ

(文:Darrell Etherington、翻訳:Nariko Mizoguchi