サイエンス・テクロノジー領域で国内最大規模、東京大学エッジキャピタルパートナーズが300億円超の5号ファンド組成

次の記事

自然言語処理を簡単にアプリ実装できる「NLPCloud.io」のプラットフォーム

東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC)は5月17日、「UTEC5号投資事業有限責任組合」(UTEC5号ファンド)を5月7日に新たに組成し、一次募集を締め切ったと発表した。

同ファンドは、2021年6月までに総額300億円超となる予定で、サイエンスおよびテクノロジー領域において国内最大規模のファンドとなる。なお、UTEC1号から5号ファンドまでの累計コミットメント額は約850億円に上る。

UTEC5号ファンドは、「グローバルな市場や人類的な課題に挑戦するスタートアップを創る」というUTECの投資戦略に基づき、さらなる革新的でスケールの大きなスタートアップの創出を目的としている。有望なスタートアップに対し、シード・アーリーステージからIPO。M&Aまで、成長にあわせ一気通貫かつ充実した資金供給が可能となるよう、出資可能金額のスケールアップを図るという。

また、より広範なスタートアップに対し迅速な各種支援を提供すべく、「UTEC Founders Program」を5月17日にローンチし、出資およびグラント(助成金)の募集を開始する。同プログラムの対象は、サイエンスおよびテクノロジー領域のシードステージのスタートアップで、スケールアップを見すえた支援をスピーディーに意思決定するプログラムという。

HR支援についても、世界で戦えるスタートアップの創出を目指し、チームメンバーとサポート内容を拡充し、さらなる強化に取り組むとしている。

2004年創業のUTECは、これまで東京大学など国内外のアカデミアと連携のもと、サイエンスとテクノロジーを強みとする広範なスタートアップに対し、シード/アーリーステージから一貫したハンズオン支援とともに、110社以上のスタートアップに対し投資を実行。そのうち13社が株式上場、12社がM&AなどのEXITを果たしており、株式上場を果たした13社の時価総額は合計で1.5兆円に達するという(2020年12月時点)。

また資金の供給にとどまらず、国内のVCHR(ベンチャーキャピタル・ヒューマンリソース)の先駆けとして、投資先に伴走し、プロフェッショナルなマネジメントチームの構築をはじめとする組織戦略の支援を行っている。

関連記事
みやこキャピタルが2号ファンドを142億円規模で組成完了、アカデミアの研究成果を活用するスタートアップへの支援加速
「日本版StartX」目指す東大1stROUNDが東京工業大など4大学共催の国内初インキュベーションプログラムに
デロイト トーマツが日本における科学技術領域研究成果の事業化および産学連携を支援
Beyond Next Venturesが日本初の研究領域対象「起業版サーチファンド」開始
大学VCの慶應イノベーション・イニシアティブが2号ファンドを103億円で募集終了
大阪大学ベンチャーキャピタルが約95億円規模の2号ファンド設立、大阪大など国立大学発スタートアップ支援
D3 LLCがバイオ/創薬やデジタルヘルス/ヘルステック特化型1号ファンドを30億円規模で組成

カテゴリー:VC / エンジェル
タグ:東京大学エッジキャピタルパートナーズ / UTEC(用語)VC / ベンチャーキャピタル(用語)日本(国・地域)