VR / AR / MR
VARK(企業・サービス)
仮想空間 / バーチャルスペース(用語)

​バーチャルライブ「VARK」運営元が6億円のシリーズB調達、「メタバース」要素取り入れた大型開発着手

次の記事

ライフスタイルブランド「Little Rooms」手掛けるand、5000万円の資金調達を実施

バーチャルライブプラットフォーム「VARK」を運営するVARKは5月17日、シリーズBにおいて、第三者割当増資による6億円の資金調達を発表した。引受先は、ジャフコ グループ、博報堂DYベンチャーズ、電通グループ、TBSイノベーション・パートナーズ、セガサミーホールディングス、その他非公開の株主。

調達した資金は、新規サービス開発およびバーチャルライブの進化のさらなる加速、採用・組織体制の強化に用いる。

VARKは、culus Quest/Quest 2、PlayStation VR、スマートフォンに対応し、バーチャル空間でライブイベントを楽しめるというソフトウェア。今後同社は、バーチャルライブ事業における「バーチャル空間でライブに行く」という体験だけでなく、そこで暮らし、遊び、自己表現ができるもう1つの世界、「メタバース」としての側面を取り入れた「総合エンターテインメントプラットフォーム」としての展開とそのための開発をスタートするとしている。

普段学校に行ったり、仕事をしたり、友達と話したりという日常の中に「ライブに行く」というイベントがあるように、VARKというバーチャル空間の中に遊ぶ場所があり、友人としゃべる場所がある「普通の場所」として存在し、その日常の一部としてバーチャルライブがある。そういった「バーチャルが日常になる」という未来を目指し、いち早くそれを実現すべく大型開発プロジェクトを開始するという。

バーチャルライブプラットフォーム「VARK」を運営するVARKが6億円のシリーズB調達

VARKは、2018年末にサービスを開始。2019年の夏にはフェスイベント「Vサマ!」を主催した。また2020年には新型コロナウイルスによる延期、中止の影響も受けつつもライブイベントを多く開催し、秋頃からは大手VTuber企業とのシリーズライブを開催した。その結果として、VARKへの来場者数は前年比4倍にまで成長したとしている。

VARKプラットフォームでは、現実と同じく、決まった時間に開場するイベントに皆で参加し、一体感を感じながらその場に「居る」アーティスト達の生のパフォーマンスを楽しめるという。リアルの存在感やイベント形式をベースにしながらも、「目の前で歌ってくれる」「世界が一瞬で変化する」などをはじめとした、バーチャルならではの可能性を存分に活かした、最高の体験を提供するとしている。


© 2018 VARK Inc.

関連記事
間もなく登場するOculus Quest 2はPCの無線ストリーミングに対応し仮想オフィスも実現
PS5の次世代PS VRコントローラーが公開、DualSenseと同じ可変抵抗トリガーやハプティック採用
HIKKY主催VRイベント「バーチャルマーケット5」にVR来店できる「ディズニーストア」がオープン

カテゴリー:VR / AR / MR
タグ:仮想現実 / VR(用語)仮想空間 / バーチャルスペース(用語)資金調達(用語)VARK(企業・サービス)バーチャルイベント(用語)日本(国・地域)