顔交換アプリ「Reface」でユーザーがアップロードした画像の顔入れ替え&アニメーション化が可能に

次の記事

おしゃれ雑貨ショップ向け卸売マーケットプレイスの仏Ankorstoreがさらに約111.6億円調達

人気の顔交換動画アプリ「Reface(リフェイス)」は、ユーザーが自分で作成したコンテンツをアップロードし、AIがそれに命を吹き込むことで、単なる自撮りに留まらないリアリティシフトの可能性を拡大しようとしている。

iOSおよびAndroidアプリのユーザーは、ユーザー自身が作成した動画をアップロードすることはまだできないものの「スワップ・アニメーション」と呼ばれる最新の機能では、人型のもの(彫像や肖像画、あるいは実際に他の人の写真など)の画像をアップロードし、アプリ内に用意された歌や詩の中から選んで、AIによって生まれ変わったそれらの画像が、話したり歌ったりしているように見せることができる。

Refaceのフリーミアムアプリは、これまでユーザーがアニメーション化できるコンテンツは厳選されており、あらかじめ設定された映画やミュージックビデオの一場面(あるいはミーム、GIF、ハリウッド俳優の写真、ヘアスタイルなど)に、自撮りした写真の顔を入れ替えることができるだけだった。

しかし、今回導入された新機能により、ユーザーが自分の顔を交換したりアニメーションさせたりする素材を自分でアップロードできるようになったことで、アプリによる表現の可能性がさらに広がった。この現実歪曲効果は、従来と同様にGAN(generative adversarial network)アルゴリズムによるものだ。

競合アプリの中には、すでにこのような機能を提供しているものもあり「Avatarify(アバタリフィ)」や「Wombo(ウォンボ)」「Deep Nostalgia(ディープ・ノスタルジア)」などのアプリにRefaceが追いついたという面もある。

関連記事
ディープフェイク動画のiOSアプリ「Avatarify」が電子透かし提供へ
MyHeritageが古い家族写真をディープフェイク技術でアニメーション化

しかし、このアプリはさらに進化しており、ユーザーは自分の顔を、選択したソースコンテンツに入れ替えることができる。例えば、自分が歌うミロのヴィーナスになったり、Andy Warhol(アンディ・ウォーホル)のMarilyn(マリリン)のようなポップアートの中で、自分の顔が詩を朗読するのを見ることができるのだ。

Andreessen Horowitz(アンドリーセン・ホロウィッツ)が支援するこのスタートアップは、同社のハイテクを駆使した顔入れ換えツールでユーザーができることを拡大する際にも、慎重な姿勢を保ち続けており、この新機能からユーザーがアップロードしたコンテンツは、すべて同社のモデレーションチームと検出ツールによって審査され、利用規約に違反する禁止コンテンツはブロックすると述べている。

ディープフェイク分野のライバル企業は、より早く機能を開放することに積極的であることは間違いない。Avatarifyのようなアプリでは、すでにユーザーが自分のスナップをアニメーションできるようになっている。そして注目すべきは、Refaceの広報担当者が、ユーザーが作成した動画を「近い将来」にアップロードできるようにする予定であると語ったことだ。

Pro版のユーザーはさらに特典を受けられる。この最新の機能追加によって、自分でGIF画像をアップロードして顔を入れ替えることができるようになったのだ。

「私たちは、Refaceのユーザーがこの機能を使ってどんな顔入れ替え映像を作り出すか、見るのがとても楽しみです。この機能は、Refaceのアプリに使われている機械学習技術の面において、大きな節目となります」と、RefaceのDima Shvets(ディマ・シュヴェッツ)CEOは声明の中で語っている。「Refaceのコンテンツ制作者は、パーソナライズされたコンテンツの作成や自己表現のために使えるさらなるツールを求めていました。今回の機能が提供されたことで、彼らのビジョンや創造性を実現する機会は劇的に広がります」。

Refaceはまだ誕生して間もないアプリだが、短期間の間に人気を博した。ユーザーは自分の顔に交換したおもしろいビデオを披露することに熱心で、それがソーシャルメディアでシェアされて話題になった。

公開から4カ月あまりが経過した2021年3月の時点で、すでにRefaceのインストール数は1億件に達している。

関連記事:口コミで大流行の顔交換ビデオアプリRefaceにa16zなどの有名投資会社が約6億円を出資

カテゴリー:ソフトウェア
タグ:Reface機械学習アプリディープフェイク

画像クレジット:Reface

原文へ

(文:Natasha Lomas、翻訳:Hirokazu Kusakabe)