最大1億円をシード期スタートアップに投資、UTECが自由応募型事業化支援プログラムを開設・募集開始

次の記事

都市部-郊外移動向けの大型4人乗りeVTOL「VoloConnect」を独Volocopterが発表

東京大学など国内外のアカデミアと連携し、スタートアップへの投資を数多く実行してきた東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC)は5月17日、UTEC5号投資事業有限責任組合(UTEC5号ファンド)内に「UTEC Founders Program」(UFP)を開設し、募集を開始した。

UFPに採択されたスタートアップは、担当キャピタリストによる定期的なメンタリング、UTEC HRチームによる採用支援、プロフェッショナル人材の紹介、UTEC社内外の専門家(弁理士、弁護士、会計士、医薬品開発専門家等)リソースへのアクセス権、勉強会、起業家・キャピタリスト・各種専門家・事業会社・インターン希望者などとのネットワーキング、オフィス紹介といった特典が提供される。

開設したUFPは次の2つのトラックからなる。

1. Equity Track(エクイティ トラック)

  • 概要:シードステージのスタートアップに対して最大1億円の投資を行う
  • 対象:サイエンス&テクノロジー領域のスタートアップで、創業直後~プレシリーズA前後の時期にあるもの
  • 応募期間:5月17日より常時受付
  • 審査:応募ごと。原則として初回面談から1カ月以内で投資決定
  • 投資条件:最大1億円。J-KISS/転換社債/普通株などによる。起業家、他の投資家の希望に応じてフレキシブルに対応
  • プログラム終了後:事業進捗に応じ、シリーズA以降、最大総額25億円までの追加投資の検討あり

2. Grant Track(グラント トラック)

    • 概要:創業直後のスタートアップや創業前のチームに対して、最長1年間の事業化支援と最大1000万円の事業化支援資金(株式や借入でない返済不要の補助金)の提供を行う。選考は6カ月ごと
    • 対象:サイエンス&テクノロジー領域のスタートアップまたは起業前のチーム。起業後では原則として外部調達前のステージで、起業前では企業に対するコミットメントの高いチーム・個人
    • 応募期間:【第1期】2021年6月15日~7月31日予定(正式な募集要項などは6月15日までにウェブサイトに掲載)。なお、Equity Trackへの同時応募も可
    • 審査:6カ月ごとの募集への応募に対し、書類審査、面接審査を行い支給の決定
    • 支援内容:最長1年間、原則500万円以内の事業化支援資金(必要に応じ最大1000万円)を支給。金額は申請時の計画をベースに協議し決定
    • プログラム終了後:プログラム中に採択企業/チームおよびUTEC両者の合意がある場合、Equity Trackまたは通常のUTEC投資の検討が可能

    UTECでは、UFPを「より広範なスタートアップに対し」「スケールアップを見据えた支援をスピーディーに意思決定する」プログラムと位置付けており、これにより「優れたサイエンスおよびテクノロジーを活かした事業をグローバルで強力に推進できるスタートアップの創出と成長を支援する」としている。

    関連記事
    サイエンス・テクロノジー領域で国内最大規模、東京大学エッジキャピタルパートナーズが300億円超の5号ファンド組成

    カテゴリー:VC / エンジェル
    タグ:東京大学エッジキャピタルパートナーズ / UTEC(用語)VC / ベンチャーキャピタル(用語)日本(国・地域)