ニュース
折りたたみスマートフォン / フォルダブルスマートフォン(用語)
Android(製品・サービス)
Google I/O 2021(イベント)
Google / グーグル(企業)

グーグルが「折りたたみ式」にフォーカスしたAndroidディベロッパー向けアップデートを追加

次の記事

事前トレーニングなしでより自然に会話できる新AI言語モデル「LaMDA」をグーグルが発表

折りたたみ式スマホに関して、最近はあまり話題になっていないが、多くの関係者はフォームファクターの将来性に対して強気の姿勢を崩していない。米国時間5月18日の大規模なI/Oのキックオフを前に、間違いなく最も強気な企業であるSamsung(サムスン)は当日朝、多くの指標を発表している。

世界的な見通しも同様にすばらしいものです。2021年だけでも、折りたたみ式の市場は2020年の3倍になると予想されています。同年に世界で出荷されたフォルダブルスマートフォンの4台に3台をサムスンが占めていました。

このカテゴリーの成長を見越している理由の1つは、ソフトウェアの準備が整っていることを確認することだ。サムスンはしばらく前から自社で調整を行っており、2018年のI/OでGoogleは折りたたみ画面のサポートを発表した。

最近のウワサでは、同社が独自の折りたたみ式Pixelを開発していることが示唆されているが、それ以上に、Androidがフォームファクターにうまく対応することへの保証が、同社にとっておそらく最大の関心事だろう。

本日の開発者向け基調講演でGoogleは「私たちは、人々がどのように大きな画面に接しているかを研究しました」と述べた。この研究には、ユーザーがデバイスを使用する際に手を置く位置など、さまざまな側面が含まれている。基本的に、手を置く場所にボタンを配置することは望ましくない。

今回のアップグレードでは、複数のパネルに合わせてコンテンツを過度に拡大することなく、自動的にサイズを変更する機能が追加された。これらの機能は、折りたたみ式が多くユーザーの手に渡るようになるにつれ、学習が必要になるのは間違いない。

しかし、少なくともこれはGoogleが折りたたみ式デバイスを成長中のカテゴリーとして引き続き考えていることを示している。また、これはGoogleがSamsungとより密接に協力していることを示す、今日の複数のアップデートの1つでもある。

両社は本日、Wear OS / Tizenの共同事業を発表している。

関連記事
グーグルがAndroid 12の最新情報を公開、近年最大級のデザインアップデート、新ベータ版配信開始
事前トレーニングなしでより自然に会話できる新AI言語モデル「LaMDA」をグーグルが発表
今、Androidは30億台のアクティブデバイスに搭載されている

カテゴリー:ソフトウェア
タグ:GoogleGoogle I/O 2021Android折りたたみスマートフォンSamsungアプリ

原文へ

(文:Brian Heater、翻訳:Katsuyuki Yasui)