ソフトウェア
Flutter(製品・サービス)
Google I/O 2021(イベント)
Google / グーグル(企業)

グーグルがクロスプラットフォームUIツールキット「Flutter」をアップデート

次の記事

インドの産業材B2Bマーケットプレイス「Moglix」が約130億円調達、ユニコーンに

モバイルとデスクトップのアプリを開発するためのGoogle(グーグル)のクロスプラットフォームUIツールキットであるFlutterの、小さいながらも重要なアップデートが米国時間5月18日に開かれたI/O開発者会議で発表された。同社はFlutterが現在、Play Storeだけで20万ものアプリに使われていることも明らかにした。ここにはWeChat、ByteDance、BMW、Grab、DiDiといった企業の人気アプリも含まれる。実にPlay Storeの新アプリの8つに1つがFlutterアプリとのことだ。

Flutter 2.2の立ち上げはFlutter 2の展開に続くもので、Flutter 2では2021年3月に初めてデスクトップアプリとウェブアプリのサポートが追加された。よって今回のアップデートが比較的マイナーであるのは驚きではない。バージョン2で導入された機能を元にアップデートされていて、信頼性とパフォーマンスの改善が図られている。

関連記事:グーグルがFlutterツールキットをバージョン2に、デストップとウェブアプリをサポート

例えばバージョン2.2はnull参照の例外に保護を加えるために新プロジェクト向けにnull safetyをデフォルトにしている。パフォーマンスに関しては、ウェブアプリは今、サービスワーカーを使っているバックグラウンドキャッシングが活用できる。一方でAndroidアプリは据え置きのコンポーネントを使うことができ、iOSアプリは最初の駆動をよりスムーズにするためにあらかじめ編集されたシェーダのためのサポートが得られる。

Googleはまた、Flutterアプリをデスクトッププラットフォーム(Windows、macOS、Linux)にもってくるプロセス全体の合理化にも取り組んだ。

しかしGoogleが指摘するように、取り組みの多くが現在エコシステムで進行中だ。Googleそのものの方では、Flutterのための新たな決済プラグインをGoogle Payチームとの提携の下に導入していて、GoogleのFlutterのための広告SDKはアダプティブバナーのフォーマットをサポートしている。一方、Samsung(サムスン)はFlutterをTizenに移植しており、ソニーは埋め込まれたLinuxにFlutterを持ってくるための取り組みを率いている。Adobeはこのほど、同社のデザインツールのためのXD to Flutterプラグインを発表し、Microsoftは5月18日にWindows 10向けUniversal Windows Platform (UWP)アプリのためのFlutterサポートのアルファ版を立ち上げた。


関連記事
グーグルがAndroid 12の最新情報を公開、近年最大級のデザインアップデート、新ベータ版配信開始
Chromeに漏洩パスワードを自動的に修正する新機能、グーグルのAIテクノロジー「Duplex」を利用
事前トレーニングなしでより自然に会話できる新AI言語モデル「LaMDA」をグーグルが発表
今、Androidは30億台のアクティブデバイスに搭載されている
グーグルが「折りたたみ式」にフォーカスしたAndroidディベロッパー向けアップデートを追加
グーグルが次世代カスタムAIチップ「TPUv4」を発表、1ポッドでエクサフロップ以上の処理能力
グーグルの「Wear OS」とサムスンの「Tizen」が統合、アップルのwatchOSに対抗
Googleがオンラインショッピング拡大でShopifyと提携

カテゴリー:ソフトウェア
タグ:GoogleGoogle I/O 2021Flutter

画像クレジット:Lyu Liang/VCG / Getty Images

原文へ

(文:Frederic Lardinois、翻訳:Nariko Mizoguchi