RSS(用語)

グーグルがRSSを復活させる

次の記事

グーグルが実物大の相手がすぐ向こう側にいるかのような3Dビデオ通話ブースを開発中

Chromeは、少なくともAndroidで実験的に提供されているCanaryバージョン(米国内のユーザーのみ)では、今後数週間のうちに興味深いアップデートが行われる予定だ。これは、Googleリーダーや同様のサービスで、お気に入りのサイトの更新情報を得るためのフォーマットとしてかつて人気を博したRSSを復活させるものだ。

もうすぐChromeでは、RSSをサポートしているサイトの「フォロー」機能が追加され、ブラウザの「新しいタブ」ページには、基本的に(非常に)ベーシックなRSSリーダーが表示されるようになる(ここまできたら「Googleリーダー」と呼んでもいい気もする)。

本格的なRSSリーダーの話をしているわけではない。「新しいタブ」ページでは、あなたがフォローしているサイトの更新情報が時系列で表示されるが、例えば、フィードを簡単に切り替えることなどはできないようだ。とはいえ、これは最初の一歩だ。

画像クレジット: Google

Google ChromeのプロダクトマネージャーであるJanice Wong(ジャニス・ウォン)氏は、米国時間5月19日のアップデートで次のように述べている。「今日、人々はお気に入りのウェブサイトを追うために、メーリングリストの購読、通知、RSSなど、さまざまな方法を利用しています。それらを1人ですべて管理するのは大変なことです。そこで当社は、オープンなウェブ標準であるRSSを利用して、お気に入りのサイトの最新情報をChromeで直接受け取れるようにする方法を検討しています。我々のビジョンは、ユーザーがウェブ上でお気に入りのパブリッシャーやクリエイターとの直接的なつながりを築けるよう支援することです」。

Googleの広報担当者によると、GoogleがRSSフィードをクロールする方法は「Chromeが最新かつ最高のコンテンツを『新しいタブ』ページの『Following(フォロー中)』セクションでユーザーに配信できるようにするために、より頻繁に行う」ように実装したとのこと。

RSSは、Web 2.0時代の基盤技術の1つだった。今でも、お気に入りサイトの最新情報を(フィードを提供しなくなったサイトもあるが)推薦アルゴリズムに邪魔されることなく、タイムリーに入手できる最も簡単な方法だ。ユーザーエクスペリエンスは必ずしも理想的ではなかったが、Googleリーダー(R.I.P.)やFeedly(フィードリー)のようなサービスがフィードの購読や更新情報の取得を簡単にするために多くの努力をし、RSSは常に非常に有用なものだった。しかし2013年、グーグルがGoogleリーダーをGoogle+の祭壇に捧げる犠牲にしたことで、熱烈なニュースジャンキーがFeedlyアカウントやNetNewsWireの古いコピーを持ち続けていたにもかかわらず、その時代は終わりを告げた。

GoogleがRSSをブラウザの中核機能として復活させたことは、多くの人にとって喜ばしいことだと思う。オープンウェブを好むのであれば、たまに不便さを感じることはあっても、RSSが進むべき道だ。

だが今のところ、これはあくまで実験に過ぎない。Googleは「Chromeでのユーザーとウェブパブリッシャーとのより強固なエンゲージメント」を構築するために「パブリッシャー、ブロガー、クリエイター、オープンウェブの市民」からのフィードバックを集めたいと述べている。願わくば、実験のままで終わらないで欲しい。

関連記事
グーグルがAndroid 12の最新情報を公開、近年最大級のデザインアップデート、新ベータ版配信開始
Chromeに漏洩パスワードを自動的に修正する新機能、グーグルのAIテクノロジー「Duplex」を利用
GoogleのFeedBurnerがインフラを移行、メール購読サービスを廃止

カテゴリー:ソフトウェア
タグ:GoogleRSSChrome

画像クレジット:DSGpro / Getty Images

原文へ

(文:Frederic Lardinois、翻訳:Aya Nakazato)