hacomonoが手がける店舗向け会員管理・予約・決済システムをコナミスポーツクラブが導入

次の記事

グローバル学生特化型プラットフォーム「JPort」のSPeakが8000万円調達、就活のボーダーレス化目指す

hacomonoは5月19日、総合スポーツクラブを展開するコナミスポーツが会員管理・予約・決済システム「hacomono」を2021年4月から導入したと発表した。コナミスポーツクラブが会員向けに提供するオンラインライブレッスンや、実店舗でのプライベートトレーニングスペースの予約・決済システム基盤として稼働している。

現在コナミスポーツクラブは、PCやスマートフォンから参加できる、ライブ配信を利用したオンラインライブレッスンを実施している。また専用パーテーションで囲まれ、カーディオマシンとウエイトマシンの機器、オゾン空気除菌環境が設置されたプライベートトレーニングスペースも提供しているという。

コナミスポーツクラブは、hacomonoを導入することで、既存の会員管理システムと連携したシームレスな運用や、Zoomと連携したオンラインライブレッスンが可能となった。また、2021年4月段階ではプライベートトレーニングスペースの予約・決済機能としても利用しているそうだ。

クラウドベースのhacomonoの予約・決済システムは、店舗における予約・決済や入会手続きがユーザーのPCやスマートフォンからオンラインで完結するというもの。これにより、店舗での事務手続きや支払い手続きなどの手間を大きく削減できる。

hacomonoは2019年3月にサービスをローンチし、これまでに500店舗以上で導入。昨今のコロナ禍により、店舗において人との接触を削減する必要があり、導入件数は前年比10倍以上のペースで増えているという。

関連記事
フィットネスクラブ・スクールなど店舗向け会員管理・予約・決済システム「hacomono」が5億円調達
会員管理・予約・決済システム「hacomono」開発のまちいろが1億円調達、月額制店舗の顧客管理を一気通貫

カテゴリー:ネットサービス
タグ:hacomono(企業)コナミホールディングス(企業)日本(国・地域)