宇宙
CLPS
Blue Ghost
Firefly Aerospace(企業)

Firefly Aerospaceの月着陸船は2023年にSpaceXのFalcon 9で月へ

次の記事

企業の航空部門といった小規模の航空機運用を支えるPortsideがパンデミックが終息に向かう中好調

Firefly Aerospaceは、ロケットを開発しているだけでなく、並行して、同社の初めての月着陸船Blue Ghostを開発している。Blue Ghostは2023年に、別の打ち上げ企業SpaceXのロケットに乗って旅をすると米国時間5月20日に同社は発表した。

Firefly Aerospaceも自社の打ち上げ機を開発中だが、最初の軌道飛行を目指しているAlphaロケットは、大きなペイロードを月に運べるロケットではない。一方、SpaceXは、まだFalcon 9を月へのミッションで送り出したことはないが、その他のミッションでは何度も成功している。その仕様では月への配達も可能であり、商用月着陸船開発企業の多くが打ち上げ機として同機を選んでいる。

FireflyのBlue Ghostは、わずか2年後に旅立ち、NASAの月への商用ペイロードサービスであるCommercial Lunar Payload Services(CLPS)のために10個のペイロードを運ぶ。NASAはその事業を利用して、月面に実験装置を運ぶミッションを民間企業に与える。その一部は、人間による月探検と究極的には長期居住を目的とするアルテミス計画の準備でもある。

SpaceXが選ばれた理由の一部は、Falcon 9の性能仕様ではBlue Ghostが自分の燃料を多く節約でき、着陸船が約150kgの積荷を運べるためだ。他の多くのCLPSプロバイダーと同じくFireflyも、他の民間企業からNASAの実験装置と並ぶペイロードを奪い、節約で生じたスペース(積載量)を売上増に結びつけたい。

CLPSの下での最初の着陸船の打ち上げは、2021年の第4四半期を予定している。現在、計6社が選ばれているが、それらの打ち上げの予定は2023年内となっている。

関連記事
小型人工衛星打ち上げサービスFirefly Aerospaceが2021年6月の初飛行前に約82億円調達
宇宙開発のFirefly Aerospaceが月面着陸船契約をNASAと98.4億円で結ぶ

カテゴリー:宇宙
タグ:Firefly AerospaceロケットSpaceXFalcon 9民間宇宙飛行

画像クレジット:Firefly Aerospace

原文へ

(文:Darrell Etherington、翻訳:Hiroshi Iwatani)