パブリック / ダイバーシティ
マッチングアプリ / デートアプリ(用語)
アメリカ(国・地域)
ワクチン(用語)
新型コロナウイルス(用語)

ワクチン接種普及のためにホワイトハウスはデートアプリと協力

次の記事

ビジネスパーソン向け無料AI講座「AI For Everyone」が開講から約2週間で受講登録者数5000人を突破

ワクチン接種率が伸び悩んでいる米国では、ホワイトハウスも何かクリエイティブな方法で国民に接種を勧めざるをえない。そこで彼らが見つけた名案は、ワクチンを注射すれば自分と他人を致死性の病気から防ぐだけでなく、愛が見つかるでしょう、というもの。ワクチンしなければ、愛どころか1人で寝ることになりますよ、と。

ホワイトハウスの新型コロナウイルス対策班は米国時間5月21日、ワクチンを接種した人には人気のデートアプリから景品が出ると発表した。このプロモーションに参加したのは、Tinderをはじめ、Bumble、Hinge、Match、OkCupid、BLK、Chispa、Plenty of Fish、Badooだ。ホワイトハウスの試算では、これらすべてのデートアプリのユーザーのうち、およそ5000万人をその気にさせるつもりだ。

Tinderでは、6月2日から7月4日までに、自分のワクチン接種状態を証明するステッカーをプロフィールに加えた者には無料でSuper Like(すごくすてき)が贈られる。接種証明は要らないが、現在住んでるところで接種可能なら受けるべきだ。Tinderなどのアプリはまた、Vaccine.govにある接種会場の情報を載せて、最も近い場所がわかるようにする。

TinderのCEOであるJim Lanzone(ジム・ランゾン)氏は「この夏、リアルの出会いを期待している人にとっては、こんな花火のようなネタが絶好のきっかけになるね」という。

OkCupidによると、ワクチンをしたこと自体がその役に立つ。同社によると、接種証明を見せた人は、マッチを見つける率がそうでない人に比べ14%高かったという。OkCupidでは、接種をしたユーザーは無料のボーナスをもらえて、自分のプロフィールをマッチ候補に対して宣伝してくれる。ホワイトハウスのこの企画に参加したアプリの中には、ユーザーを競争で有利にするための特典をくれるところもある。

デートアプリを利用するこのキャンペーンの最終日である7月4日は、ホワイトハウスがその日までに成人の70%を接種済みにすると宣言している日だ。多くの米国人にそのことを徹底するためにバイデン政権は、NASCARやカントリーミュージックの「CMT」など人気のエンターテインメント企業からもワクチン接種を宣伝している。

ホワイトハウスの新型コロナウイルス担当上級顧問Andy Slavitt(アンディー・スラビット)氏は、5月21日の記者会見で「ソーシャルディスタンスとデートを結びつけるのは基本的に無理がある」と語った。スラビット氏によると、ワクチン接種の推進をデートアプリの企業にお願いするのは、公式のパートナーシップというよりも「大統領からの行動の呼びかけにこれらの企業が応えた」という性格のものだ。

「ついに私たちは、私たちの魅力をより高めるものを見つけたのです」。そして「それがワクチン接種です」とスラビット氏はいう。

関連記事
「TinderとTikTok」を合体させたマッチングアプリ「Snack」がZ世代の投資家を募る
Tinderがマッチングを促進する新機能「Vibes」を発表、48時間限定のイベント

カテゴリー:ネットサービス
タグ:新型コロナウイルスワクチンアメリカデートアプリTinderBumbleMatch

画像クレジット:Leon Neal/Getty Images

原文へ

(文:Taylor Hatmaker、翻訳:Hiroshi Iwatani)