ヘルステック
Future Family(企業)

不妊治療サポートのFuture Familyが9.8億円調達、コロナ禍で混み合うクリニックのネットワークを拡大

次の記事

インドのフィンテック「Zeta」がソフトバンクのリードで約272億円調達、待望のユニコーンに

Future Family(フューチャー・ファミリー)についてはここ数年の間に何度か書いてきた。不妊治療の利用を支援する会社だ。不妊治療クリッニックと事前に交渉して金額のサプライズがないようにするとともに、高額になりがちな前払い費用を月払いプランに置き換える。さらに専門の妊活コーチをつけて患者をガイドする。

米国時間5月24日、同社は提携クリニックのネットワークを拡大するべく、900万ドル(約9億8000万円)の調達ラウンドを完了したことを発表した。

同社は2018年にシリーズAで1000万ドル(約10億9000万円)調達済みで、今回のラウンドはその延長としてシリーズA-1と呼び、まったくの新規ラウンドではないと位置づけている。

以前私が書いたように、Future FamilyはファウンダーであるClaire Tomkins(クレア・トムキンス)氏自身の体験から着想を得ている。

Future Familyは、不妊治療の複雑さと費用にまつわるクレア・トムキンス自身の体験から生まれた。1人目の子どもを生むための治療に数十万ドル(費用の多くは治療が始まった後驚きとともに明かされた)を費やした後、トムキンス氏はもっと良い方法を作ろうと考えた。Future Familyはクリニックと提携して、すべての費用を事前に確定させて前払いすることで、後になって費用で驚かされことがないようにする。

クレア・トムキンス氏(画像クレジット:Future Family)

2020年、トムキンス氏は他の誰もが経験したように、まったく新しいチャレンジに直面した。パンデミックが始まってまもなく、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を巡って無数の懸念が噴出する中、多くの不妊治療クリニックが扉を閉めた。そして、クリニックが再開した後も、9カ月の間に何が起きるかという不安から、多くの患者は当然のように治療を控えた。

「間違いなく苦しい1年でした」と彼女はいう。「しかし、私たちは良い位置にいるはずだと考えました」。

2021年はすでに違った物語になろうとしている、とトムキンス氏はいう。「人々は決めかねていました」と彼女は言った。「現在、治療を始めようとする人たちは、12カ月かそれ以上待たなくてはなりません。非常に混み合っています」。同社のデータによると、2021年後半は「記録的な実績」が生まれるだろうとトムキンス氏は期待している。

急な需要増に答えるために、会社はさらに多くのクリニックをネットワークに加えている。ミネアポリス、ヒューストン、デンバー、サンフランシスコを始めとする多くの主要都市に拠点をもつ不妊治療グループ、CCRMがその1つだ。

関連記事:不妊治療関連サービスの市場はいまや30億ドル規模に拡大

カテゴリー:フェムテック
タグ:Future Family資金調達妊娠

画像クレジット:Future Family

原文へ

(文:Greg Kumparak、翻訳:Nob Takahashi / facebook