ハードウェア
Raspberry Pi(組織・製品)
新製品

PoE+に対応した「Raspberry Pi PoE+ HAT」登場、スイッチサイエンスより税込3180円で近日発売

次の記事

テスラがノルウェーでの判決を受け最大約243億円の補償金支払いに直面

スイッチサイエンスは5月25日、シングルボードコンピューターRaspberry Pi(ラズベリー・パイ)用の拡張ボード「PoE+ HAT」を近日発売すると発表した。これは5月24日にイギリスのRaspberry Pi財団から発表があったばかりのもの。価格は税込3180円と、「Raspberry Pi PoE HAT」よりもわずかに安い。具体的な発売開始日は未定。

Raspberry Piは、無線LAN機能も備え、ディスプレイやキーボードを接続すればPCとほぼ同様に使える高機能で安価なシングルボードコンピューターとして、電子工作ファンの間で高い人気を誇っている。HAT(ハット)とは、それに重ねて使える機能拡張ボードのこと。PoEは、LANケーブルを通じて電源供給を行う技術。これを利用すれば、有線LAN接続で使用する機器にLANケーブル1本で信号のやりとりと給電が賄えるため、配線のスリム化が図れる。

これまで、Raspberry Pi 3 Model B+用に「Raspberry Pi PoE HAT」が販売されていたが、「PoE+ HAT」は、供給電力が1ポートあたり30Wに強化されたPoE+に対応するもの(PoEは15.4W)。Raspberry Pi 4でも安定的に使えるようになる。ピン配列、高さも含むフォームファクターは以前のものと変わらない。

PoE+ HATの仕様は以下のとおり。
PoE規格:IEEE 802.3af-2003 PoE / IEEE 802.3at-2009 PoE+
入力:37〜57V DC、Class4 device
出力:5V DC / 4A
冷却ファン:25mm × 25mm ブラシレスファン
風量:2.2CFM
機能:完全絶縁スイッチモード電源、ファンコントロール
動作温度:0℃~+50℃

関連記事
医療現場の課題を自身で解決できる医者・看護師を育てる日本初の医療者向けプログラミングスクールが開校
Linuxが動作する高性能AIカメラモジュール「M5Stack UnitV2 AI カメラ」が税込9592円で近日販売
初代ゲームボーイでビットコインを採掘する勇者現る、1コインあたり数兆年のマイニング速度
ラズパイやArduinoより簡単なIoT開発ボード「obniz」が約2.1億円のシリーズA調達
Raspberry Pi財団が550円の「Raspberry Pi Pico」発表、日本でもスイッチサイエンスが発売
5852円のAWS向けIoT開発キット「M5Stack Core2 for AWS」が販売開始
Raspberry Pi 4を組み込んだキーボード型パソコン「Raspberry Pi 400」が2021年日本発売
Raspberry Piが産業利用向けのCompute Module 4を発表
ラズベリーパイ財団が8GBメモリー搭載のRaspberry Pi 4を発表

カテゴリー:ハードウェア
タグ:IoT(用語)スイッチサイエンス電子工作(用語)プログラミング(用語)Raspberry Pi(組織・製品)日本(国・地域)