テスラが20万台目の家庭用蓄電池「Powerwall」設置完了を発表、この1年間で2倍に

次の記事

OpenAIの約109億円スタートアップファンドはマイクロソフトがパートナー

Tesla(テスラ)は、同社の家庭用蓄電池製品である「Powerwall(パワーウォール)」の20万台目の設置が完了したことを、米国時間5月26日のツイートで発表した。テスラのCFO(最高財務責任者)を務めるZachary Kirkhorn(ザッカリー・カークホーン)氏は、2021年4月の第1四半期決算説明会で投資家に、テスラは「Powerwallの数四半期分の受注」の処理に追われていると語り、今後数カ月の間に設置台数が急増することを示唆していた。

テスラのElon Musk(イーロン・マスク)CEOは、この決算説明会で、今後はPowerwallなしで同社の「Solar Roof(ソーラールーフ)」パネル製品のみを販売することはしないと述べた。太陽光発電パネルと家庭用蓄電池(もちろん、テスラ製)の設置が広がれば、すべての家庭が分散型発電所になると、同氏はいう。

関連記事:テスラはすべての家庭を分散型発電所にしようとしている

「Powerwallが設置されている住宅やアパート、あるいはどんな建物でも、それ自体が電力会社になります。近所の照明がすべて消えてしまうような停電時でも、電力を確保できるのです。これは人々にエネルギーの安全性を提供します。また電力会社と協力し、Powerwallを使って地域全体の電力網を安定させることもできます」とマスク氏は語った。

2月にテキサス州で発生した未曾有の冬の嵐では、記録的な電力需要と相まって、何百万人もの人々が凍えるような寒さの中で電気を失ったことにマスク氏は言及。このような状況になった場合、電力会社はPowerwallを設置している顧客と協力して、蓄えた電力を送電網に戻し、需要を満たすことができると提案した。

関連記事:テキサス大寒波から学ぶ3つのエネルギー革新

「電力網がより多くの電力を必要とする場合、もちろん同意が必要ですが、住宅所有者と電力会社が連携して、Powerwallに蓄えられた電力を電力網に開放し、ピーク時の電力需要に対応することができるのです」と、マスク氏は語った。

テスラが初代Powerwallを発売してから5年後の2020年4月に、Powerwallの設置台数は10万台を超えた。これはつまり、同社が5年をかけて達成した販売数が、この1年間で2倍になったことを意味する。

関連記事
価格を大幅に抑えた家庭用スマート分電盤の新製品をSpanが発表
地球の電力需要を満たす大きな可能性を持つ地熱テクノロジーでリーダーを目指す「Fervo」
エネルギー事業で余った天然ガスを利用し暗号資産のマイニングに電力供給するCrusoe Energy

カテゴリー:EnviroTech
タグ:TeslaPowerwall電力バッテリースマートバッテリー

画像クレジット:Tesla

原文へ

(文:Aria Alamalhodaei、翻訳:Hirokazu Kusakabe)