新型コロナウイルスのワクチン接種会場や大規模接種センター周辺の駐車場を予約できる特設ページが公開

次の記事

次世代の月面探査車をGMとロッキード・マーティンが共同で開発中

駐車場予約アプリ「akippa」(Android版iOS版)を運営するakippaは5月27日、新型コロナウイルスのワクチン接種が大規模接種センターや集団接種会場において開始されたことに伴い、接種会場周辺の予約が可能な「akippa駐車場」をまとめた特設ページを公開した。

akippaは、契約されていない月極駐車場や個人宅の車庫・空き地・商業施設など空いているスペースに、15分単位でネット予約して駐車できるサービスおよびアプリ。誰でも簡単に駐車場をシェア可能。2021年5月現在、駐車場拠点数累計4万5000拠点を確保しており、会員数は220万人を突破した。

同社特設ページでは、自衛隊による大規模接種センター、全国の自治体による集団接種会場周辺の予約可能なakippa駐車場の検索・予約が可能。同社は「移動において人との接触を避けたい」「公共交通機関で行くことが大変」などの理由から、車で接種会場に向かいたい方々の一助になればととしている。

新型コロナウイルスのワクチン接種会場や大規模接種センター周辺の駐車場を予約できる特設ページが公開

akippa駐車場の利用方法は、同社サイトまたはアプリで利用したい駐車場を探し、予約・決済を行うだけ。駐車場情報詳細ページを開いたら、利用したい日時の空き状況や金額を確認し利用希望日時を選択。その後クレジットカードまたはキャリア決済で事前決済を行うと予約が完了する(電話やFAXでの予約は受け付けていない)。当日は予約した車室に駐車するといい。万一のトラブル時はakippaのサポート窓口が対応するとしている。

新型コロナウイルスのワクチン接種会場や大規模接種センター周辺の駐車場を予約できる特設ページが公開

事前に駐車場を予約するメリット

  • 確実に駐車できる:事前予約制なので、当日現地で空いている時間貸し駐車場を探し回る必要がない
  • 15分単位で接種に必要な時間分だけ予約・利用:akippaの駐車場は15分単位で予約可能。接種に必要な時間分だけ予約・利用できるため、安価に利用可能としている。またakippaでは遊休スペースを活用しているため、周辺の時間貸し駐車場の相場より安価な駐車場が多いという
  • 現金が不要:予約時のオンライン決済で事前に支払いを済ませているため、現地で現金が不要

関連記事
ジョリーグッドと順天堂大学が新型コロナ診療病棟の完全再現VRを共同開発、医学生に実習の場提供
新型コロナワクチン輸送にHacobuの動態管理サービス「MOVO Fleet」が採用、トラック位置情報を可視化
SmartNewsの新型コロナ「ワクチンアラーム」日本で提供開始から1週間でユーザー数100万人を突破
駐車場シェアの「akippa」がSOMPOとタッグで20万拠点や共同保険の実現目指す、累計調達額は約35億円に
チェーンゲート式空き駐車場もシェアできるakippaの新サービス
駐車場予約アプリ「akippa」、他ユーザーよりも早く予約可能な有料会員プラン開始

カテゴリー:シェアリングエコノミー
タグ:akippa(企業・サービス)新型コロナウイルス(用語)ワクチン(用語)日本(国・地域)