ソフトウェア
Fuchsia(製品・サービス)

Googleの新OS「Fuchsia」が第1世代「Nest Hub」向けに配信開始

次の記事

AIを使って道路補修が必要な箇所を特定するパイロット事業を米ユタ州で実施

Googleの新OS「Fuchsia」が、第1世代のNest Hub向けに配信が開始されました。9to5GoogleがGoogleに確認したとして伝えており、まずはプレビュープログラムを対象にリリースされ、今後数か月で広く展開予定とのことです。

2016年にその存在が明らかになったFucshiaは、あまり公に語られることもなく、どういった立ち位置のOSなのかも不明なままでした。しかし、2020年には開発者サイトがオープンし、プロジェクトが一般公開されたほか、5月初めには、Bluetooth SIGでFucshia 1.0を搭載するGoogle Home Hub(第1世代のNest Hub)が見つかるなど、正式リリースも近いのではと考えられていました。

Fuchsiaの特徴は、LinuxベースのAndroidとは異なり、独自のマイクロカーネルZircon(以前はMagentaと呼ばれていました)を採用していること。Googleは公式ブログの中で、汎用のオープンソースOSを作成するための長期プロジェクトだと説明されていました。

肝心のNest Hubのアップデートですが、見た目や機能に変化はなく、アップデートに気づかない可能性も指摘されています。というのも、Nest Hub自身はCast OSで動作していますが、その上でオープンソースのアプリ開発プラットフォームFultterが動作しています。Fultterはクロスプラットフォームを特徴としており、Fuchsiaもサポート済み。このため、ベースとなるOSが変わっても、見た目や動作に影響はないというわけです。

今後、他の機種へのアップデートも行われると考えられますが、最終的にAndroidやChrome OSを置き換えるものになるのか、あくまでもスマート機器向けに留まるのか、注目しておきたいところです。

(Source:9to5GoogleEngadget日本版より転載)

関連記事
グーグルがクロスプラットフォームUIツールキット「Flutter」をアップデート
グーグルがFlutterツールキットをバージョン2に、デストップとウェブアプリをサポート
GoogleがAndroid、Chromeに続くOS「Fuchsia」プロジェクトを一般開放へ
Googleが謎めいたOSをベータテスト中―Fuchsiaは小さなIoTデバイスでも走る

カテゴリー:ソフトウェア
タグ:OS / オペレーティングシステム(用語)オープンソース / Open Source(用語)Google / グーグル(企業)Fuchsia(製品・サービス)Flutter(製品・サービス)