宇宙
資金調達(用語)

宇宙ビジネス支援のsorano meが1000万円調達、伴走型支援事業拡大に向けた人材基盤構など推進

次の記事

飛行機や自動車などでユーザーの認知状態を識別し致命的なヒューマンエラーを予見・回避するCorrActions

宇宙に特化した伴走型事業支援を行うsorano meは5月27日、FGN ABBALabファンド(ABBALabスタートアップファンド投資事業有限責任組合)から1000万円の資金調達を完了したと発表した。調達した資金は、伴走型支援事業拡大に向けた人材基盤構築、コミュニティ醸成・人材育成を推進するために活用する。

sorano meは「わたしたちの日常を、宇宙ビジネスで豊かにする。」をミッションとし、大手衛星メーカーやロケットメーカー経験者、大学教員、メディア業界経験者、コンサルティング会社出身者などが集まって創業したスタートアップ企業だ。また、全員が副業という形でプロジェクトに携わっている。

sorano meは、宇宙ビジネスメディア「宙畑-sorabatake-」や宇宙広報団体「TELSTAR」で経験を積んだメンバーも所属しており、現在はそれら経験と知見を活かし、人工衛星から得られるデータや通信インフラなど、様々な宇宙アセットを利用した新規事業開発支援を推進している。さらに、海外宇宙スタートアップのビジネスモデルを解説したコンテンツを複数展開している。

それ以外にも、新規事業を担う宇宙ビジネス人材基盤構築事業として、コミュニティ醸成・人材育成を行っている。また日本航空宇宙学会 宇宙ビジネス共創委員会委員として、アカデミックとビジネスを繋ぐセミナーの企画運営も実施している。

【2021.05.28 15:40訂正】初出時、宇宙ビジネスメディア「宙畑-sorabatake-」および宇宙広報団体「TELSTAR」に関する記述について誤りがありました。宙畑およびTELSTARはsorano meとは別の組織・団体であり、sorano meに所属するものではありません。お詫びして訂正いたします。

関連記事
JAXAと鹿島建設が月面有人拠点建設のための遠隔施工実験を実施、好成績を確認
月周回旅行を計画中の前澤友作氏が12月に国際宇宙ステーションへ、個人として日本人初
データ分析コンペのNishika、欧州委員会主催衛星データアイディアコンテスト「コペルニクス・マスターズ」日本大会を支援
「宇宙ビッグデータ米」が2021年中に販売予定、宇宙領域の天地人・農業IoTの笑農和・米卸の神明が栽培着手

カテゴリー:宇宙
タグ:資金調達(用語)sorano me(企業)日本(国・地域)