インドのアマゾンではショッピングページで新聞や雑誌記事を読める

次の記事

カメラではなくレーダーを使ったプライバシーが保護されたアクティビティ追跡の可能性をカーネギーメロン大学の研究者らが提示

インドでスーパーアプリになりたいという思いが募るAmazonは、このショッピングサービスでのユーザーの滞在時間がなるべく長くするために、「特集記事」という新しいサービスのテストを行っている。

この米国のeコマース巨人は秘かに、そのショッピングアプリ上に「Featured Articles」(特集記事)という機能をローンチし、政治や行政、エンターテインメントやスポーツ、ビジネス、金融、書籍、食べ物など多様な話題の記事や解説と分析など載せたウェブサイトもインドでローンチしら。記事は地元のメディアや雑誌のものだ。

同社がウェブサイトで述べているところによると、一部には「Amazon独占」の記事もあるという。一部のKindleユーザーには通知を送り、エンゲージメントを導いている。

画像クレジット:Himanshu Gupta

Himanshu Gupta(ヒマンシュウ・グプタ)氏がこの新機能を教えてくれのは、同じくインドで、ショッピングアプリ内で無料のビデオストリーミングサービスを始めてから数日後のことだ。

この新機能の存在を認めたAmazonの広報は「顧客のための新しいエンゲージ機能の作成は今後も続けていきます。その取り組みの一環として、今回は事件や書籍、ビジネス、エンターテインメント、スポーツ、ライフサイクルなどの話題を扱った記事を読者に提供します」と語っている。

Amazonがインドで、ショッピングサービスに読み物を統合する試みは、今回が初めてではない。2018年には、Amazon Indiaはガジェットのレビューやランキング記事などを地元メディアからピックアップして掲載し始めている。

関連記事
アマゾンがインドでアプリ内無料ビデオストリーミングの提供を開始
アマゾンがインド小売業者のデジタル化を支援する同国スタートアップを買収
アマゾンがインドのスタートアップに投資する272億円規模のベンチャーファンドを発表

カテゴリー:ネットサービス
タグ:Amazonインド

画像クレジット:Avishek Das/SOPA Images/Getty Images

原文へ

(文:Manish Singh、翻訳:Hiroshi Iwatani)