GMやPalantirが出資するコネクテッドカーデータ分析のWejoがSPAC経由で上場へ

次の記事

スーパーの商品を最短30分で届けるサービスをInstacartが導入

GMやPalantirが出資するコネクテッドカーデータスタートアップのWejoがSPAC(特別買収目的会社)のVirtuoso Acquisition Corpとの合併による上場を計画している。米国時間5月28日に当局に提出した書類の中で発表された合意では、合併会社の評価額は負債含め8億ドル(約879億円)となる。

この取引でWejoは3億3000万ドル(約363億円)を調達する。内訳はVirtuosoからの現金2億3000万ドル(約253億円)とPIPE(上場企業の私募増資)での1億ドル(約110億円)だ。Wejoによると、既存の戦略投資家であるPalantirとGMがこの取引をまとめた。Wejoは2社の投資額を開示しなかった。投資家へのプレゼン資料によると、現株主はWejoの64%を保有する。

第3四半期に予定されている合併処理完了後は同社はNASDAQに上場する。

Wejoは車両に取り付けられたセンサーからリアルタイムにデータを収集するために自動車メーカー、そしてトップのサプライヤーと協業している。同社のクラウドプラットフォームはデータを集めて正規化し、そうした洞察を顧客と共有する。2030年までに同社はコネクテッドカーのデータマーケットが5000億ドル(約55兆円)規模に、サービスが実際に提供しうる市場規模は610億ドル(約6兆7000億円)になると予想している。これらの数字は世界中のコネクテッドカーが6億台超という予測に基づいている。

Wejoは、取引による現金収入で5カ年計画に必要な資金のすべてを賄い、また自動車メーカーやOEMのオンボーディングの迅速化やサービス展開の継続、新規マーケットへの拡大などいくつかの成長目標達成にもあてる。
関連記事
EV急速充電開発のオーストラリアのTritiumが約1310億円の評価額でSPAC上場へ
テスラがアップルと同じく中国のユーザーデータを現地サーバーで保管すると発表
フォードが電動化への投資を3.3兆円に引き上げ自社バッテリー研究開発を加速、30年までにEV比率40%に

カテゴリー:モビリティ
タグ:WejoSPACコネクテッドカー

画像クレジット:Ina FASSBENDER / AFP / Getty Images

原文へ

(文:Kirsten Korosec、翻訳:Nariko Mizoguchi