ドローンのためのデジタル道路を構築・管理するAirspace Linkが約11億円調達

次の記事

スケール展開が難しいサブスク事業の構築に必要なツールを提供するRevenueCat

Airspace Link(エアスペース・リンク)はシリーズAラウンドで、Altos Ventures(アルトス・ベンチャーズ)、Thales(タレス)などから1000万ドル(約11億円)の資金を調達したと、米国時間5月27日に発表した。ミシガン州デトロイトを拠点とするこのスタートアップ企業は、この追加資金を米国内におけるサービスの拡大と海外進出に充てる予定だ。

Michael Healander(マイケル・ヒーランダー)CEOは、同社が空域をまだ決定的な規制がなされていないデジタルインフラとして捉えていると説明する。「今日、道路には法規や規制があります」と、同氏は語り、この会社がドローンのためのデジタルの道路を構築し、管理していると説明した。Airspace Linkの斬新なプラットフォームは、ドローン事業者と地域社会の懸念を解消し、パイロットが地域の空域規制を遵守しながら安全に飛行できるようにするものだ。

Airspace LinkのAirHubは、国や地方自治体のニーズと、パイロットがすでに使用している運用計画ツールの融合に特化した業界初のクラウドベースのドローンプラットフォーム(画像クレジット:Airspace Link)

Airspace Linkはドローンの運用計画ツールを提供しており、その中には開発者がAirspace Linkのデータをサードパーティのプラットフォームに組み込むことを可能にするAPIアクセスも含まれる。同社のシステムは、FAA(米連邦航空局)のLAANC(低高度認可および通知機能)に準拠しているため、パイロットは飛行が制限されている空域でドローンを飛ばすための申請を行うことができる。Airspace Linkは、このサービスを提供するFAA承認企業7社のうちの1社だ。

今回のシリーズAの資金調達により、同社はできるだけ多くの交通機関グループと統合することを目指すと、ヒーランダー氏は語っている。

マイケル・ヒーランダー氏と、Daniel Bradshaw(ダニエル・ブラッドショー)氏、Ana Healander(アナ・ヒーランダー)氏が、2018年にデトロイトで設立したこのスタートアップでは、20人のフルタイムスタッフが働いている。プレスリリースによれば、同社は米国内の40以上の政府機関や自治体とパートナーシップを結んでいるという。今後はオーストラリアやカナダへの進出も視野に入れている。

ヒーランダー氏によると、Airspace Linkが市場の競合他社と異なる点は、自治体が使用しているマッピングツールと統合し、地上のリスクに関する情報を提供していることだという。

「当社の主要な目的は、ドローンを国の領空や地域社会と大規模に安全に統合させることです」と、ヒーランダー氏はいう。「共有される中立的で安価な無人飛行システムのインフラを構築し、ドローン経済への道を開くという、我々のビジョンに参加してくださったAltos VenturesとThalesに感謝します」。

Airspace Linkはヒアランダー氏が起ち上げた最も新しい企業だ。同氏は以前、屋内GPSトラッキングを提供するGeoMetri(ジオメトリ)という会社を設立し、Acuity Brands(アクイティ・ブランズ)が同社を買収した。

Airspace LinkのシリーズAラウンドは、Altos Venturesが主導し、航空交通管理システムのグローバルリーダーであるThales、以前から投資していたIndicator Ventures(インジケーター・ベンチャーズ)、2048 Ventures(2048ベンチャーズ)、Ludlow Ventures(ラドロー・ベンチャーズ)、Matchstick Ventures(マッチスティック・ベンチャーズ)、Techstars(テックスターズ)、Dan Gilbert(ダン・ギルバート)氏のDetroit Venture Partners(デトロイト・ベンチャー・パートナーズ)が参加した。

「無人航空機システム(UAS)の利用が拡大する中、地域コミュニティ周辺で安全に低空飛行を行うためには、空域管理に空と地上の両方の情報を組み合わせる必要があります」と、Thalesのエアスペース・モビリティ・ソリューション・アメリカ担当バイスプレジデントであるTodd Donovan(トッド・ドノバン)は述べている。「当社の空域管理に関する深い知識と、Airspace Linkの地理空間情報に関する専門知識は、この複雑な課題に取り組むための完璧な組み合わせです」。

関連記事
ドローンの交通警官を目指すAirspace Linkが4.4億円調達
1度のフライトで3回の荷物配達が可能な新型ドローンをWingcopterが発表
遠隔操作者なしのレベル4自律飛行ドローンをExyn Technologiesが実現

カテゴリー:ドローン
タグ:Airspace Link資金調達FAA

画像クレジット:Sean Gallup / Getty Images under a Getty Images license.

原文へ

(文:Matt Burns、翻訳:Hirokazu Kusakabe)