Shopifyが世界で共通するeコマース人材の育成プログラムを青山学院大学で提供

次の記事

【コラム】パブリッククラウドにおけるセキュリティ課題の解決に向けて

世界175カ国170万件以上のショップに導入されているeコマース(EC)プラットフォームShopify(ショッピファイ)の日本法人Shopify Japanは5月31日、青山学院大学総合文化政策学部において、2021年度開講の「情報環境論(1)」履修者に対して「新しいeコマース人材の育成強化のためのエデュケーションプログラム」を提供すると発表した。

同学の大島正嗣総合文化政策学部教授、宮田和樹非常勤講師が担当するこの講座で学べるのは、ウェブを中心とした情報環境の基礎となるコーディングやユーザビリティの知識、近年のサイト環境におけるノーコードのトレンド、WebVR/ARといった新たな体験となっている。授業は全15回。3カ月間、受講者にはShopifyの教育用アカウントが与えられ、オンラインサポートが無料で受けられる。そのうち2回は、Shopify認定教育トレーナーの塩澤耕平氏、Shopify Japanの石田浩平氏、岡村純一氏が講師を務め、「コマース分野の最新動向やストア構築における実践的なノウハウ」について話が聞けることになっている。

Shopifyではこれまでも、EC人材の育成に取り組んできた。2021年4月には、法政大学で同様のプログラムを実施している。2020年からはクラウドソーシングのLancers(ランサーズ)との連携を開始した。これらを通して、Shopifyエコシステムの強化、オフライン事業社のオンライン化支援、世界で活躍できる起業家育成に力を入れるてゆくという。
【お詫びと訂正 2021年6月1日19時20分】初出時、記事タイトル中で青山学院大学の名称を誤って記載しておりました。お詫びして訂正いたします。
【お詫びと訂正 2021年6月4日6時50分】初出時、Shopify Japanの石田浩平氏の氏名を誤って記載しておりました。お詫びして訂正いたします。

関連記事
Googleがオンラインショッピング拡大でShopifyと提携
法政大学とShopifyが連携、2021年春講義の実習としてeコマース人材育成プログラムを学生約100名対象に提供

カテゴリー:EdTech
タグ:EC(用語)青山学院大学(用語)Shopify(企業)ネットショッピング / eコマース(用語)日本(国・地域)