学術研究 / 学術調査 / アカデミックリサーチ(用語)

フェイスブックがSNSを研究する学術コミュニティ向けに「Researcher API」リリース予定

次の記事

富士フイルムにランサムウェア攻撃か、ネットワークを遮断し調査

Facebook(フェイスブック)は、研究コミュニティによるアクセスに特化して設計された新しいAPIのリリースに向けて準備していると明かした。米国時間6月2日に開催された同社の開発者会議「F8」で発表されたこのAPIは、Cambridge Analytica(ケンブリッジ・アナリティカ)のデータスキャンダルを受けて、2018年に同社のプラットフォームに加えられた変更によって生じた問題に対処するためのものだ。この事件により、同社は開発者がユーザーデータにアクセスできるかどうか再検討する必要に迫られた。

Facebookは過去3年間で、将来のデータの乱用や侵害のリスクを減らすために、何千ものAPIを非推奨にしたという。

また、プラットフォーム上の開発者との契約を更新し、開発者らが「我々と同じ価値観を持っている」ことを確認したと、Facebookのプラットフォームパートナーシップ担当幹部であるKonstantinos Papamiltiadis(コンスタンティノス・パパミルティアデス)氏は基調講演で述べた。

しかし同社はこれらの変更が、これまでFacebookのデータに広くアクセスできていた学術研究コミュニティに影響を与えたことを認めた。

その問題に対応するため、同社は近日中に「Researcher API」を提供開始すると発表した。これにより、同ソーシャルネットワークの「社会への影響」を理解することを目的とする研究者たちは再びFacebookのデータを分析できるようになる、とパパミルティアデス氏は述べた。

「当社はこの問題に適切に対処したいと考え、人々のデータを安全に守りながら、研究者をサポートするための最高の製品を開発することを意図しました」とも。

Researcher APIは、プライバシーが保護された環境で、公開されているFacebookページ、グループ、イベント、および米国の投稿レベルのデータへのリアルタイムアクセスを提供する予定であると、同氏は述べている。しかし、研究者をどのように審査するのか、データへのアクセスに料金が発生するのかなど、より詳細な情報は明らかにされていない。

Facebookによると、このAPIは2021年後半には学術コミュニティで利用可能になるという。

関連記事
フェイスブックのAR作成ソフト「Spark AR」がビデオ通話対応に
フェイスブックがWhatsApp APIをアップデート、ビジネス利用を促進
フェイスブックがInstagram用Messenger APIの正式導入を開始、すべての開発者や企業が利用可能に

カテゴリー:ネットサービス
タグ:FacebookF8 RefreshAPI学術研究

画像クレジット:Facebook

原文へ

(文:Sarah Perez、翻訳:Aya Nakazato)