ユナイテッド航空が100%持続可能な航空燃料に注力するBoomの超音速旅客機15機を購入へ

次の記事

スクーターの利便性を持つ無人配達用3輪EV展開を目指すFactionが約4.7億円調達

United Airlines(ユナイテッド航空)は超音速の商業フライトを再び現実のものにしようと注力しているBoom Supersonic(ブーム・スーパーソニック)の初の正式な米国顧客となる。Boomは超音速のサブスケールのテスト航空機を2020年公開し、フルスケールの商業超音速旅客機Overtureの生産を2025年に開始する。そしてフライトテスト、デザインの洗練、認証に数年間かけたのち、商業サービスを2029年に開始する計画だ。

ユナイテッド航空は、同社の「安全、運航、持続可能性の要件」に合うOverture15機の購入に同意し、追加で35機を購入するオプションも持つ。同航空は明らかに、超音速フライトの恩恵に関心があり、移動にかかる時間を半分にすることを狙っている。しかし同社はまたBoomとの取引で持続可能性プロフィールを高めることも目指している。

Boomの目標は、商業サービス開始時からカーボンフットプリントがネットゼロの燃料で飛ぶ初の商業旅客機になることだ。同社は100%持続可能な航空燃料の調達・使用に注力していて、これは持続可能な燃料の生産ソースを開発・改善するために協業している企業との取り決めの一環だ。

ユナイテッド航空は2050年までに二酸化炭素排出のネットゼロ達成に向けて取り組むことを約束し、その一環として持続可能な航空燃料の開発と商業化を加速させるために政府や他の関係者と提携することにも同意している。そのため、Boomとの提携はユナイテッド航空にとって長期的にそうした目標に向けた重要な推進要因となりえる。

関連記事
超音速旅客機の商用化を目指すBoom Supersonicがデモ機XB-1を披露
米国拠点の超音速旅客機スタートアップのBoomがロールスロイスと提携、NY〜ロンドン片道3.5時間目指す
Boomの超音速旅客機のテスト機「XB-1」はカーボンニュートラルの実現を目指す

カテゴリー:モビリティ
タグ:United AirlinesBoom Supersonic超音速機

画像クレジット:Boom Supersonic

原文へ

(文:Darrell Etherington、翻訳:Nariko Mizoguchi