セキュリティ
Apple / アップル(企業)

アップルの新しい暗号化ブラウジング機能は中国、サウジアラビアなどでは利用できない

次の記事

車部品サプライヤーのBoschがドイツにチップ工場を開所、コネクテッドカーに供給

Apple(アップル)は、米国時間6月7日に始まった年次ソフトウェア開発者会議(WWDC21)において、プライバシーに焦点を当てたいくつかのアップデートを発表した。そのうちの1つである「Private Relay(プライベートリレー)」と呼ばれる機能は、すべての閲覧履歴を暗号化し、データを追跡・傍受が誰からもできないようにする。このため国家の検閲制度の下で生活している中国のユーザーが特に興味を持つものだ。

私の同僚であるRoman Dillet(ロマン・ディレット)記者が以下のように説明している

Private Relayがオンになると、あなたのブラウジング履歴を誰も追跡できない。あなたのデバイスと、情報をリクエストするサーバーの間に介在するインターネットサービスプロバイダーも追跡できない。実際、どのように機能するか詳細についてはもうしばらく待たなければならない。

だが興奮は長くは続かなかった。Appleはロイターに対して、Private Relayは中国の他、ベラルーシ、コロンビア、エジプト、カザフスタン、サウジアラビア、南アフリカ、トルクメニスタン、ウガンダ、フィリピンでは利用できないと述べている。

Appleからのコメントはまだ得られていない。

仮想プライベートネットワーク(VPN)は、中国のユーザーが「グレート・ファイアウォール」と呼ばれる検閲装置を回避して、普通の手段ではブロックされたり速度が低下したりするウェブサービスにアクセスする場合の一般的な手段だ。しかし、VPNは必ずしもユーザーのプライバシーを保護するものではない。VPNは、ユーザーのインターネットプロバイダーの代わりにVPNプロバイダーのサーバーにすべてのトラフィックを流しているだけなので、ユーザーは実質的に自分のアイデンティティの保護をVPN会社に委ねていることになる。一方Private Relayでは、Appleにさえユーザーの閲覧履歴を見せることはない。

関連記事:人気の無料VPNではプライバシーは保護されていない

Appleのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長であるCraig Federighi(クレイグ・フェデリギ)氏は、Fast Company(ファースト・カンパニー)によるインタビューの中で、新機能がVPNよりも優れていると思われる理由を説明している。

「私たちはユーザーのみなさまに、Appleを信頼できる仲介者として信じていただきたいとは思っていますが、私たちを信じるしかないようになって欲しいとも思っていません。なぜなら私たちにも、ユーザーのみなさんのIPアドレスと向かっている先の目的地を同時に知る手段がないのです。これはVPNと異なっている点です。私たちは、人々がこれまでVPNを利用しようと決めたときに求めていた多くの利点を提供したいと思いましたが、同時に単一の仲介者を信頼するという意味で、難しく危険とも考えられるプライバシーのトレードオフを強いられることは無いようにしたいと考えたのです」。

Private Relayが、中国をはじめとする制限されている国のユーザーのシステムアップグレードから除外されるだけなのか、それともそれらの地域のインターネットプロバイダーによってブロックされるのかは不明だ。また、2020年からオンライン検閲が強化されている香港のAppleユーザーがこの機能を利用できるかどうかも不明だ。

中国で事業を展開する他の欧米ハイテク企業と同様に、Appleも北京政府を敵に回すか、米国内で支持している価値を無視するかの狭間に立たされている。Appleには、北京政府の検閲圧力に抵抗しては屈してきた歴史がある。たとえば中国国内のすべてのユーザーデータを中国国営のクラウドセンターに移行したり、中国国内での独立系VPNアプリを排除したり、中国内でのポッドキャストでの言論の自由を制限したり中国のApp StoreからRSSフィードリーダーを削除したりするなどの対処だ。

関連記事
人気の無料VPNではプライバシーは保護されていない
テスラがアップルと同じく中国のユーザーデータを現地サーバーで保管すると発表
アップルが中国App StoreからRSSリーダーのReederとFiery Feedsを削除

カテゴリー:セキュリティ
タグ:AppleWWDC 2021WWDCVPNグレート・ファイアウォール中国サウジアラビア

画像クレジット:GettyImages

原文へ
(文:Rita Liao、翻訳:sako)