ソフトウェア
Apple TV(製品・サービス)
Apple / アップル(企業)
WWDC(イベント)
WWDC2021(イベント)

Apple TVにHomePod miniをスピーカーにするなどのアップデート

次の記事

アップルがようやく開発者向けにスクリーンタイムAPIを公開

噂されていたセットトップボックスとHomePodを組み合わせたApple TVデバイスはWWDCのキーノートでは登場しなかったが、Apple TVの体験を向上させる機能はいくつか発表された。その1つはHomePod miniに関することだ。2021年秋から、HomePod miniをApple TV 4Kのスピーカーとして選択できるようになる。他に、家族全員の好みに合う番組を見る方法やFaceTimeでの同時視聴など、Apple TVに関するソフトウェアのアップデートも紹介された。

同時視聴の機能は実際にはFaceTimeのアップデートの一環で、FaceTime通話中に音楽やテレビ、画面共有をストリーミングできるようになる。Apple TVアプリはSharePlayというこの新しい機能に対応したアプリの1つだ。Apple TVアプリには「あなたと共有」という新しい行も登場し、友だちが共有している番組や映画が表示される。

「メンバー全員」という機能では、Apple TVのインターフェイス内でメンバー全員の好みに基づいて番組や映画が紹介される。家族と一緒に今夜見る映画を決めたりするのに最適だ。また、誰が見ているかに応じて提案を調整できる。

iPadに対応した新しいApple TVウィジェットも提供が開始されている。

Apple TVのスピーカーとしてHomePod miniを設定して再生すると「豊かでバランスの取れたサウンド」と「透き通るほどクリアな会話」が届けられるとAppleは説明した。

関連記事
アップルがiOS 15発表、「つながり続ける」「集中する」といった4つの柱を掲げFaceTime、通知などの新機能満載
アップルがmacOS 12 Monterey発表、PCとタブレットのギャップを埋める
アップルが動画や音楽をバーチャル共同視聴できる新機能「SharePlay」をiOS 15で導入
アップルのiOS 15新機能「Live Text」は写真内の文字を自動認識してテキストデータ化
今秋リリースのアップルのwatchOS 8にマインドフルネスと呼吸追跡の機能
アップルがMacにも「ショートカット」を搭載、Automatorからの移行を開始する
AppleマップがiOS 15アップグレードでより詳細な地図、交通機関ナビ、ARビューなど追加
アップルがiCloudをアップデート、プライバシー機能を追加した「iCloud+」発表
アップルがiOS 15で「通知」を改良、新機能「フォーカス」「サマリー」でよりパーソナルに
アップルがApp Storeに製品ページA/Bテストとアプリ内イベントの宣伝を導入
アップルがFaceTimeのアップデートを発表、Androidユーザーも利用可能に

カテゴリー:ソフトウェア
タグ:AppleWWDC 2021WWDCApple TVHomePod miniFaceTime

画像クレジット:Apple

原文へ

(文:Sarah Perez、翻訳:Kaori Koyama)